2017年04月05日

感謝の気持ちを言葉にしてみる! 加栄レース(株)「そうじの力」

本日、群馬県桐生市の加栄レース(株)で「そうじの力」活動支援日でした。

活動を続けて5カ月が経ちました。
本日は、活動メンバー5人で工場巡回の練習をしました。
巡回は、みんなで工場内をめぐりながら気がついた課題を共有していく活動です。
「そうじの力」の活動の中でも重要な作業です。

「そうじの力」の活動で会社がキレイになっていく事はもちろんなのですが、
加栄レース(株)で大切にしていることは信頼し合える仲間(チーム)作りです。

さらにコミュニケーションの質を高めて行くには、練習が必要です。

巡回という、気づいた課題を指摘し合う、いかにも角が立ちそうな活動を通じで、
お互いに受け取りやすい言い方や、行動につながる伝え方を練習しています。

今回とても印象に残った巡回中のやり取りです。

写真では分かりにくいですが、ここの床は段差があったのを
お金をかけて業者に頼んで平らにしました。

 

 

Aさん「飯塚さん、ここは社長がお金をかけて平らにしてくれたんすよ!」

Bさん「今まで、ここの段差のためにフォークリフトがガタガタ揺れて危なかったんです。」
    おかげで今は、安全になりました。」

Aさん「荷物が250kgもあるから、それが落ちたりすると大変なんです。
    直してもらって本当に助かりました。社長には感謝してるんですよ。」

飯塚 「ですってよ、社長!」

社長 「でへへ(笑)」

言った皆さんも、言われた社長もみんなうれしそうでした。

普段、会社の中で感謝を言葉にすることは、意外と難しいです。
「そうじの力」の活動が良いなあと思うのは、
感謝の言葉を言える場面が沢山作れるところです。
そんなやり取りをお互いに練習しながら、良いチームになれたらと願っています。

 

 

4/18に群馬県高崎市でセミナーを開催します。

セミナー開催情報 | イベント情報