2017年04月27日

最初の一歩(局所集中・・・狭い個所を決めて徹底的に)! 加栄レース(株)

群馬県桐生市の加栄レース(株)(繊維製造業)では、
そうじの力の活動を始めてもうすぐ半年の所です。

レース製品を編むために工場内には何台も機械があります。
それに一つ一つの機械はかなりの大きさです。
今までは、機械を全部磨くなんて「いったいどれほどの時間と労力がいるのか?」と、
想像すらできませんでした。
だから、機械をピカピカにするなんて考えたこともありませんでした。

先日、工場の機械をキレイにする取り組みを始めました。
活動メンバーの皆様の
「機械をキレイにしたいとは思うけれど・・・、いったいどうすれば?」
という質問から取り組みが始まりました。

その答えが、
局所集中(狭い個所を決めて徹底的にそうじをする!)です。

機械の一部分で実際にやってみました。
実演時間はたった1分!
やった作業は、洗剤を使わず水と「激落ちくん(メラミンスポンジ)」でこするだけです。
注意する点は、局所集中(狭い個所を決めて徹底的にそうじをする!)です。
まんべんなく広い範囲を擦るのではなく、
1分でできる範囲を徹底的にです。       

「激落ちくん(メラミンスポンジ)」 
 で擦ったとこだけがピカピカ

 

 

 

 

やってみると歓声が上がりました!
「元々は、こんな色だったんだ」
「たったこれだけで、こんなにキレイになっちゃうのかー」

この「最初の一歩」がきっかけでした。
このあとは、みんなで毎日「少しの時間(10分)」と「徹底的な変化」を積み重ね続けています。

今では、ピッカピカの機械が1台また1台と増えています。


 

局所集中の積み重ねでピッカピカになった機械