2017年05月23日

ビフォーアフター!第2弾 今度はみんなで30分! 重田商事(株) 

先日の、たった5分 ビフォーアフター! 重田商事(株)の第2弾です。

繰り返しになりますが・・・、
群馬県嬬恋村の重田商事(株)(建物解体・産業廃棄物中間処理業)では、4月からそうじの力の活動が始まりました。

どこの会社でも、まずは整理(捨てる)ことから始まります。
ということで、重田商事(株)でも捨てる練習をやってます。

「捨てる練習ってなに?」ですよね。

重田商事(株)は、建物解体・産業廃棄物中間処理が仕事なので、
仕事で必要になる道具類がだんだんと増えてしまいがちです。
不必要になった道具でも、一応会社の備品なので、皆さんの一存で捨てるのは難しいです。

←ビフォー

今回は、その道具類を練習の題材にして、
皆さんで協力して不必要な道具は捨てることにしました。

時間は10分×3回の計30分。
参加者は、社員20名です。

やり方は、道具類を一旦全部外に出して、
みんなで「これは使っている、これは使っていない」と仕分けていくだけです。

←作業中(一旦すべて出す)
    

使う道具だけ元の位置に戻して完了です。

←アフター


道具類は重たいものが多いです。
さらに数も多いので、なかなかの重労働です。

それなので、
人数が集まる時にみんなで一気にというやり方が合うようです。

30分ほどの時間でこのビフォーアフターです。

重田商事(株)の作業場では月に1回、
皆さんで30分の時間を整理(捨てる)作業することになりました。

1年で12回です。
30分の1回でこの変化ですからね、
12回もやったらどんなことになるのか?

事務所同様、今から楽しみですね~!
こんなことを重ねながらそうじの力の活動は、さらに進んでいきます。