2017年02月24日

楽しくやろう!右川ゴム製造所「そうじの力」

本日は、埼玉県八潮市の工業用ゴム製造業、(株)右川ゴム製造所の環境整備「そうじの力」支援日。

ゴムの製造工程では大量の粉塵が発生するため、キレイにするのは容易なことではありません。

2年前から、私がお手伝いしての環境整備の取り組みが続けられています。

今回は、3月からの次年度に向けて、環境整備の計画作りをテーマに、「そうじの力委員会」メンバーでミーティングを行いました。

やみくもにそうじをすれば良いということではありません。

計画を立て、実行し、検証して、次の実行につなげる、いわゆる「PDCA」サイクルを回していくことが重要です。このPDCAが、いろいろな面で会社を進化・成長させていくのです。

私からも、他社の事例などを紹介しながら、計画づくりについてレクチャーしました。

皆で話し合う中で、とても印象的だったのは、右川誠治社長が、「この取り組みは、キレイにすることが目的じゃないんだ!」と強調されていたことです。

目的は、「居心地の良い会社を目指す」ということ、そして「整理整頓が行き届き、新人でもどこに何があるかわかる会社にする」ことです。

だから、プロセスがとても大事。

誰かが孤独に作業をして、その空間がキレイになったとしても、それでは目的に適いません。

だから、「みんなでやろう!」ということです。

たとえば、Aさんは1番の機械、Bさんは2番の機械、Cさんは3番の機械をそうじするのではなく、AさんBさんCさんが一緒になって1番の機械をそうじする、ということです。

そうすることで、コミュニケーションが活発化し、環境整備のレベルも上がってくるのです。

もう一つ印象的だったのが、「楽しくやろう!」ということ。

人間、楽しくないことは続かないものです。

だから、良い意味で遊んでやろう、ということです。

この点、右川社長と弊社のスタンスは完全に一致しています。

こうして作成した計画書を基に、次年度はどんな進化が見られるでしょうか。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ