2017年03月23日

みんなで集まることが大切!浜田ステーションホテル「そうじの力」

本日は、島根県浜田市の浜田ステーションホテルの環境整備「そうじの力」支援日。

毎月1回訪問し、ホテルの社員の人たちを対象にして実地でアドバイスしています。

ホテルの環境整備というと、まずは客室の清掃です。お客様へのホスピタリティという観点から、徹底的にそうじをしています。

ポイントは、「見えない所」。

表に見えているところをキレイにするのは当たり前です。お客様が普通は見ないような裏の部分までキレイにすることで、室内全体を清潔で快適な空間にしていくのです。

だから、トイレは便器の裏側まで徹底的に磨きます。ベッドの下も、移動して清掃します。ソファのクッションとクッションの隙間も、露わにして清掃します。

ハンガーも、向きを揃え、ハサミの方向も揃えておきます。

客室の壁にかかっている絵画。

これが結構、右や左に傾いていることがあります。

これも、まっすぐに掛け直します。

こうした実習を繰り返していく中で、同社の客室係のレベルは、どんどん上がってきています。業務の範囲を超えたことに対しても、積極的に取り組んでくれています。

さて本日は、ちょうど毎月1回の「全員そうじ」の日に当たりました。

今回は、ホテルの正面玄関の清掃がテーマ。

全員でガラス窓を拭きあげていきます。

強い風にさらされて、砂や油で汚れていたガラス窓が、ピカピカにキレイになりました。

キレイになったことはもちろん価値があることですが、何よりもこうして全員が集まって活動ができたことが、素晴らしいと思います。

ホテルの従業員は、客室係、厨房係、接客係、事務員と、それぞれ担当が分かれています。担当が違えば、あまり言葉を交わす機会もありません。

それが、こうして「そうじ」を通じて交流できるのです。

これが、「そうじの力」の醍醐味です。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ