2017年03月27日

「そうじの力」で安全・安心な給食を!益田市給食センター

本日は、島根県の益田市立学校給食センターの「そうじの力」支援日。

同市内の全小中学校(22校)に約4,200食の給食を提供しています。

同センターでは、「そうじの力」を通じて安全・安心な給食を提供しようということで、特にそうじに力を入れています。

毎月1回、私が訪問し、実地でアドバイスしています。

既に学校は春休みに入り、稼働は止まっています。

本日は、普段稼働している時にはできないそうじをしようということで、休み中ですが、職員さんたちに出てきてもらいました。

 

 

洗浄機の側面カバーを外してそうじ

 

 

 

たとえば、洗浄機の内部。機械のカバーを外して、内側をそうじします。

普段、時間に追われる中では、なかなか内部にまでは手が入りませんが、こうしてあらためて内部をそうじすると、内も外も清潔になります。

 

 

洗浄機周辺の床面のそうじ

 

 

 

洗浄機周辺の床面も、汚れやすいエリアです。普段から力を入れてそうじをしていますが、それでも行き届かない点もあります。排水パイプの立ち上がりの窪みなども、入念にそうじをしていきます。

 

 

 

グレイチングのそうじ

 

 

 

グレイチングも、普段から裏返してそうじはしているのですが、いつもは時間に追われて、ざっとしかできません。今回は時間をかけて徹底的に汚れを落とし、ピカピカにしました。

フライヤーの内部も、普段からしっかりと分解そうじしていますが、底面についた焦げ付きがなかなか落ちませんでした。

今回、たっぷりと時間を取り、洗剤も吟味して、黒い焦げ付きを落としました。

 

 

 

フライヤー底面の焦げつきビフォア

 

 

 

 

 

フライヤー底面アフター

 

 

 

最後はミーティングをして、今回の反省を次につなげます。

「そうじは気づきの訓練」と言われます。

同センターは、一年前の開設から、大きな事故もなく、安全で安心なおいしい給食を提供してきています。

そうじを通じた、職員のみなさんの「気づき」の感度の高さが、それを可能ならしめているのではないでしょうか。

そして、いつも感心するのは、みなさんのチームワークの良さです。

今回のミーティングにおいても、「普段とは違う班分けでそうじをすることで、コミュニケーションが深まって良かった」との感想がありました。

4月からの新学期も、この調子で運営していってほしいです。

益田市立学校給食センター関連記事は、こちらからご覧ください。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ