2017年04月12日

「そうじの力」で安心・安全なお弁当を!ハートクック

本日は、島根県益田市を本拠とする給食・仕出し業の(株)益田クッキングフーズ、愛称「ハートクック」の「そうじの力」支援日。

毎月1回訪問して、現場を回りながら、環境整備についてのアドバイスをしています。

厨房施設である以上、清潔にするのは当たり前ではありますが、実際にはそうはなっていないのがこの業界の現状です。

同社においても、いろいろな課題があり、それを少しずつ改善していきました。

ようやく、こうした環境整備の取り組みが習慣づいてきた感じがあります。

まず煮炊き用のコンロ。

以前は鍋からの吹きこぼれなどで汚れて、錆も出ていました。それを現場の社員さんたちが一生懸命に磨いて、このようにピカピカになっています。

それから、厨房のなかでも一番汚れるフライヤー。

揚げ物の油は放っておくと固まってこびりついてしまい、そうじするのが大変です。

以前は油でギトギトだったこのフライヤーも、ツルツルピカピカに保たれています。

さらに、お弁当を盛り付けるためのコンベヤ。

毎日、数百食のお弁当をコンベヤ上で盛り付けていくので、当然ながら汚れます。

以前は汚れても汚れっぱなしだったこのコンベヤも、こうしてキレイにしていく習慣がついてきたようです。

しかも、キレイなのはコンベヤ表面だけではありません。

肝心なのは「裏」です。

コンベヤを回すローラーが下部についているのですが、これが汚れるのです。また、「見えない所」にあるため、「なんとなく」そうじをしていたのでは、見落としてしまいがちです。

このローラーも、ピカピカです。こうした「見えない所」まで清潔にする習慣がついてきたことを、とても嬉しく思います。

とはいえ、まだまだ課題はたくさんあります。

「そうじの力」委員会のメンバーで、厨房内を巡回しながら、現状と課題を確認し、改善策を共有していきます。

同社においては、この環境整備の取り組みを通じて、業務そのもののあり方を見直していこう気運になりつつあります。特に、社長、常務をはじめ、「そうじの力」委員会メンバーは、どうすればもっとおいしい料理を提供できるだろうか、どうすればもっと効率よく仕事ができるだろうか、どうすればもっと快適な職場にできるだろうか、ということを真剣に考えています。

環境整備に終わりはありません。特に厨房施設においては、安心・安全な食事を提供するために、一時も欠かせないのが環境整備です。

同社の内谷重信社長も、並々ならぬ決意で取り組んでいます。

内谷社長のインタビュー記事は、こちらをクリックしてご覧ください。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ