2017年04月15日

風通しの良い会社をつくる!後藤設備工業「そうじの力」

本日は、香川県高松市を本拠とする設備屋さんの後藤設備工業(株)の「そうじの力」支援日。

2年前から、私のお手伝いにより、全社を挙げて、整理・整頓・清掃の環境整備に取り組んでいます。

老朽化した本社屋を建て替えるため、この2月に仮事務所に引っ越してきました。

今回私は、その仮事務所に初めて訪問しました。

びっくりしました。とても整っているのです。

この引っ越しを機に、デスクはフリーアドレス化されました。

以前の事務所で、整理・整頓を進めてきたからこそ、こうしたフリーアドレス化が可能になったのでしょう。

ほほえましいのは、社長専用のデスクもなく、社長ご自身も空いている席に座っていること。

 

 

ラウンドテーブルで執務する伊藤雅也社長

 

 

 

こうした環境は、社内の風通しを良くするはずです。

そして、事務所内のいたるところに、整頓の工夫がなされています。

文房具などは、小分けに収納できるボックスを使って、整然と収められています。

「くり抜き」で整えられているところもあります。美しいですね。

さて本日は、年に2回の周辺地域清掃の日。

事務所の周辺を、草むしり班とどぶさらい班に分け、さらに、解体工事が終わった元の事務所周辺の清掃班を加えた3班での活動です。

排水路のどぶさらい。

周辺の草むしり。ちなみにここは、敷地外です。

仕事をさせてもらっている地域社会への恩返し、という意味合いを鑑みれば、同社の敷地外でもそうじするのは当然でしょう。

グレイチングを開けると、中にずいぶんと汚泥が溜まっていました。

もちろん、この周辺清掃には、社長も参加します。

みんながワイのワイの言いながら行う周辺地域清掃は、社内のコミュニケーションの活性化に寄与します。

本日の後半は、各人の身の回りの整理・整頓です。

整っているとは言っても、まだまだ課題はたくさんあります。

特に、身の回りの書類は、日々増えていくので、定期的に、このように整理・整頓する機会を持つことが大切です。

不要な物は処分し、必要なものは、あるべき場所に収めます。

本日最後は、「そうじの力」委員会メンバーが集まっての反省会です。

地域清掃の進め方や、まだ未着手の課題について話し合い、今後の計画に反映させていきます。

後藤設備工業の「そうじの力」の取り組み動画はこちらから(Youtubeに飛びます)

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ