2017年04月21日

「そうじの力」で丁寧な作業を!益田市立高津学校給食センター

本日は、島根県の益田市立高津学校給食センターの「そうじの力」支援日。

同センターは、私が環境整備をお手伝いしている(株)益田クッキングフーズ(愛称:ハートクック)が益田市からの委託を受けて運営しています。

昨年4月の開設から一年弱。

毎日11時までに出荷しなければならないという時間との闘いの中、おいしく、しかも安全な給食を提供しなければならないという、厳しい制約条件下での運営です。

これまで大きな問題もなく運営できており、各方面からお褒めの言葉もいただいているようです。

そこには、原材料に混入している異物を発見して除去したり、問題があったときに素早く対応するなどの、不断の努力が隠されています。

内谷重信社長は、その原動力のひとつが、「そうじの力」だとおっしゃっています。

裏や奥、隅まで妥協なくそうじをすることで、「気づき」の感度が上がり、安全で衛生的な調理につながるのではないでしょうか。

実際、厨房内はどこもピカピカの状態が保たれています。

そんな素晴らしいセンターにおいて、私は毎回、あえて「重箱の隅をつつく」ような指摘をしています。完全な嫌われ者です(笑)。

その心は、「もっともっと気づきの感度を上げてほしい、もっともっと丁寧に調理してほしい」という気持ちなのです。

職員さんたちは、そんな私の無理な要求を、素直に受け止めてくれます。

今回、朝から夕方まで、彼らの動きを観察していましたが、以前よりも明らかに要領が良くなっています。テキパキとして、無駄がありません。チームワークもばっちりです。

何より驚いたのは、調理の空間を汚さない彼らの動きです。以前ならば、食材をかき混ぜる際に、周囲に食材や調味料や汁が飛び散っていました。

 

 

和え物を混ぜる際にも、ほとんど飛び散らない

 

 

しかし今は、ほとんど飛び散りません。丁寧に作業しているのがよく分かります。

 

 

汁につけたりゴマを振ったりしても、周囲に飛び散りは少ない

 

 

しかも、それで余計に時間がかかるかというと、まったく逆で、以前よりもはるかに短時間で調理を終えることができています。

丁寧に、かつ手早く。もちろん、安全で衛生的に。素晴らしいです!

出荷した後のそうじも徹底的です。

 

 

炊飯器の部品を分解してそうじする

 

 

 

機械は、分解できる部分はすべて分解して、隅々までキレイにします。

そのおかげで、フライヤーもピカピカです。

 

 

ピカピカなフライヤーの底面

 

 

 

今後もこの調子で、安全・安心な給食を提供し続けていってほしいと思います。

益田市立高津学校給食センターの動画は、こちらをクリックしてご覧ください(Youtubeに飛びます)。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ