2017年05月08日

経営そのものを見直す!ハートクック「そうじの力」

本日は、島根県益田市に本拠を置く、給食・仕出し業の(株)益田クッキングフーズ、愛称「ハートクック」の「そうじの力」支援日。

同社における環境整備(整理・整頓・清掃)を私が支援して、5年程になります。

食品を作る会社として、清潔にすることは当たり前ではありますが、実際にはなかなかそうはなっていないのが、この業界の実態です。

同社においても、当初はいろいろな課題がありましたが、最近はようやくその「清潔」が定着してきたようです。

厨房の中でも一番汚れるフライヤー室。

フライヤー(揚げ物機)周辺は、放っておけば、油がベトベトギトギトになってしまいますが、今ではピカピカに光っています。

 

 

 

 ピカピカのフライヤー

 

 

驚いたのは、フライヤーそのものだけでなく、その周囲のものも、軒並みキレイに保たれていることです。

たとえば、この部屋で使うまな板。触ってみても、まったくベトベトしません。スベスベ・サラサラとした手触りです。

また、床面も、触ってみるとスベスベ・サラサラなのです。

 

 

 

 サラサラなフライヤー室の床面

 

 

相当気合を入れてそうじをしなければ、こうはなりません。社員のみなさんが、相当一生懸命にそうじに取り組んでいることが伝わってきます。

また、弁当の盛り付けをするコンベヤ。このコンベヤのローラーが汚れるのですが、それもキレイに保たれていました。

 

 

 

 盛り付け室のコンベヤのローラー

 

 

こうして、改善が進んだ箇所が、その後しっかりと維持されているのを見るのは、とても嬉しいものです。

とはいえ、まだまだ課題は山積み。

たとえば、同社においては、弁当や宴会料理などのメニューが多く、そのために材料や包装材の在庫が多くなってしまっている、という問題があります。

今回も、弁当の容器や包装材の倉庫の中身を、いろいろといじくってみました。

 

 

 容器の倉庫に手を入れる

 内谷社長(右)ら幹部

 

 

こうなると、メニュー構成をどうするのか?という課題にはじまり、社員の働き方にいたるまで、経営の根本を見直さなければなりません。

一朝一夕には解決できない課題ばかりですが、「そうじの力」を通じて、そうした経営課題にメスが入りつつあります。

同社の内谷重信社長にインタビュー記事は、こちらをクリックしてご覧ください。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ