2017年05月12日

体感して「気づき」を高める!西村ジョイ「そうじの力」

本日は、香川県を本拠として、同県および近郊に11店舗のホームセンターを展開する西村ジョイ(株)の「そうじの力」支援日。

3年半ほど前から、私がお手伝いをして、全社を挙げて環境整備(整理・整頓・清掃)に取り組んでいます。

毎月1回、全店舗から店長あるいはリーダークラスの社員が舞台となる店舗に集まり、「そうじの力」研修会を開いています。

いつも私は、開店よりだいぶ早く店に入り、店の内外をぐるっと診て回ります。

今回は高瀬店での開催でしたが、同店においても、取り組みは順調に進んでいるようです。

 

 

 

 仕入品の検収エリア

 

 

仕入品の検収エリアは、クリアな空間が確保されています。

 

 

 

 工作室の道具置場

 

 

木材工作室も、整理・整頓されています。

 

 

 

 店内の台車

 

 

店内の台車も、定位置化が進んでいます。

同店のみなさんが、一生懸命にそうじに取り組んでいるようすが伺えます。

研修が始まる前、私は朝礼にも立ち会うのですが、そこで必ず行うのが、ミニ実習。

5分間限定で、商品棚から商品を全部降ろして、棚板と商品を拭きあげ、また元に戻します。

 

 

 

 朝礼におけるミニ実習

 

 

朝礼において、いくら訓示を垂れても、あまり効果はないと思います。こうして、”実体験”することで、「ああ、なるほど」という学びが得られるのだと思っています。

 

 

 

 西村久社長もミニ実習に参加

 

 

わずか5分間ですが、これを毎日続けていけば、いずれ大きな蓄積になります。

さて、研修本番です。

まず、各店舗から、ここ一か月の活動状況の報告をしてもらいます。

 

 

 

 各社の活動状況発表

 

 

同社においては現在、そうじの力の全社共通マニュアル「西村ジョイ・スタンダード」を作成しています。そうじの力の重点項目を各店舗に割り振り、それぞれの店舗で実践して、それをマニュアル化していくのです。

ですから発表においては、その「西村ジョイ・スタンダード」の担当項目が中心になります。この発表に対して、西村社長や私から厳しい指摘が飛びます(笑)。他店の参加者からも色々な意見が出されて、発表者はそれらを持ち帰って、また自店で改善を進めていくのです。

研修会において私が心がけていることは、座学だけのものにしない、ということです。

そこで、報告会が終わると、全参加者で、店舗の内外を巡回して見て回ります。

見て回ることで、見られる側にとってはそれが良い刺激になり、見て回る側にとっては、外から見ることで、逆に自店舗の課題に気づくということがあるのです。

 

 

 

 現場巡回のようす

 

 

同社では、「倉庫在庫ゼロ化」に取り組んでいます。

在庫の見える化と接客時間の拡大を目的として、バックヤード倉庫から在庫をなくし、すべての在庫を店頭に出そうという運動です。

しかし、「言うは易し、行うは難し」で、これはとんでもなく困難なことなのです。

だからこそ、当該店舗の人間だけでなく、他店の人たちも含めて、みんなで意見を出し合いながら改善策を検討していきます。

現場巡回が終わったら、実習を行います。

今回は、「倉庫のラインテープ剥がし班」と「脚立売場の清掃班」「修理お預かり品磨き班」の3班に分かれて、実習を行いました。

 

 

 

 ラインテープ剥がし班

 

 

ラインテープ剥がし班は、過去に整理・整頓のために引いたラインテープで、現在はレイアウト変更などのために使っていないラインテープを、剥離剤とスクレーパーなどを使って落としていきます。

 

 

 脚立をいったん全部出す

 

 

 

 

 

 

 棚板などを丁寧に掃き掃除する

 

 

脚立売場の清掃班は、商品である脚立をいったん全部外に出して、棚板周辺をキレイにした上で、また商品を元に戻します。

 

 

 

 修理お預かり品磨き班

 

 

修理お預かり品磨き班は、耕運機や刈払機などの、お客様からお預かりした機械を、お返しする前にピカピカに磨き上げるのです。

実習の目的は、ズバリ「体感する」こと。

ここで体感したことを自店舗に持ち帰り、各自でそうじに取り組んで欲しいのです。

パートを含めて、従業員数は650名を超える同社。時間はかかりますが、こうして一人一人の体感を通じて、この「そうじの力」を末端にまで浸透させる取り組みは続きます。

西村久社長のインタビュー記事は、こちらをクリックしてご覧ください。

 

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ