2017年05月19日

退社時ゼロにする習慣!小池勝次郎商店「そうじの力」

本日は、埼玉県深谷市で、農業用資材の小売店「こいけや」と、農産物直売所「とんとん市場」を運営する(株)小池勝次郎商店の「そうじの力」支援日。

約2年前から、全員で環境整備(整理、整頓、清掃)に取り組んでいます。

シフト勤務のため、なかなか活動のための時間が捻出できず、改善も一進一退という状況が続いていましたが、ここに来て、ようやく定着しつつある感があります。

毎回、まずは環境整備委員会のメンバーによるミーティングを行います。

ここで大切なのは、計画したことがきちんと実行できたか否か、の確認です。

実行できなかった場合には、必ずそこに理由があります。責めるのではありません。できなかった理由を明らかにし、どうすればできるようになるのかを、皆で話し合い、実行に向けての手を打っていくことです。

各委員からの報告の中では、出来なかった点も聞かれましたが、いくつか、「おおっ」というような進歩を聞くことができました。

たとえば、外販部が使う通称「中事務所」。お客様から頂いた注文を記入する「受注書」という伝票があるのですが、これがあちこちに散乱してどうにも片づかなかったのですが、今回新たに「伝言板」というものができ、ここに担当者別に受注書などの伝票を貼っていくことにしました。そして、退社時には基本的にゼロにする、というルール。

つまりは、その日のうちにその業務を処理して済ませてしまう、ということです。

現場を確認したところ、実際に「伝言板」はゼロになっていました。決められたルールが守られているようです。

このように、「すぐその場で」処理するというのは、環境整備に限らず、業務そのものにおいても、とても大切なことだと思います。

環境整備を通じて、こうした習慣が根付きつつあることは、大変に嬉しいことです。

さて、毎回、ミーティングの後は、現場を巡回します。

改善が進んでいる点と、手つかずの点、さらなる改善が必要な点について、委員会メンバーで現場を見ながら確認していきます。

大切なのは、課題について、「いつ、誰が、どのように」改善するのかを決めていくことです。

以前は、このいわゆるPDCAサイクルが弱かったためになかなか改善が進まない面があったのですが、今は、現場巡回しながらその都度、「いつ、誰が、どのように」改善するのかを決めていくことができています。

次回、さらなる改善が進んでいることでしょう。楽しみです。

※来たる7月20日(木)13:00~16:00、小池勝次郎商店にて「そうじの力」の発表会を開催します。ご興味のあるかた、こちらからお問合せください。折り返し、詳しい資料をお送りします。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ