2017年05月29日

面倒くさいことをやり続ける訓練!(有)ファイン「そうじの力」

本日は、福井県鯖江市の(有)ファインの「そうじの力」支援日。

7年前から私がお手伝いして環境整備(整理、整頓、清掃)に取り組んでいます。

同社は、メガネフレームなどにロゴやデザインなどを印刷する特殊印刷業。

当初は、床と言い、壁と言い、機械と言い、飛び散ったインクだらけでした。

今では床も壁も機械もピカピカです!

環境整備を進める中で、こうして物理的にキレイになっていったことは当然ですが、社員さんたちの意識も大きく変わっていきました。

以前よりも、明るく、前向きに、そしてチームワークの良い社風に変わっていったのです。

現在は、半年に1回私が訪問して、環境整備についての研修を行っています。

この半年間にも、彼らは少しずつコツコツと改善に取り組んできました。

以前は、通路を確保するために床面にラインテープを貼っていたのですが、この半年で、テープではなくオレンジ色の塗装になりました。

また、「せっかくやるならば楽しく!」が合言葉の同社。

壁にちょっとしたシールを貼ったり、電気のスイッチボックスをカラフルにしたりと、楽しめる工夫を施しています。

そうじ道具置場にも、オシャレな看板がつきました!

さて、私は研修においては毎回、必ず実習を行っています。

そうじは実践がすべて。いくら高尚なレクチャーを1000回行ったところで、物事は何も動きません。

今回の題材にしたのは、印刷の版を収納してあるボックス。

版の並べ方を、もう少し見えやすく、機能的にできないか、と投げかけてみました。

版の材質によって、縦に立て掛けると変形するなど、いろいろと難しい問題があるようですが、現在の並べ方に問題があることも、彼らは承知しています。

そこで、あらためて、一つひとつのボックスの中身を開けてみて、中身を精査し、ついでにボックスの内部を雑巾で拭き掃除することにしました。

ここは今までにも何度も手を入れている箇所ですが、それでもホコリは溜まります。また、あらためて一つひとつを検証することで、「この版は要らないのではないか?」「最後の注文が入ってからどのくらい期間が経てば処分して良いのか?」といった疑問が出来てきて、みんなのやり取りが始まります。こうしたやり取りは、とても大切だと思います。

また同様に、私の方から問題提起したのが、各人の引き出しの中身です。

それぞれ、いわゆる「くり抜き」で整頓されているのですが、中には、収められているものが変わっているのに、以前のままのくり抜きを使っている人もいます。

また、ホコリもそれなりに溜まっています。一度「完了」したところも、定期的に手を入れることの必要性が分かります。

こういったことって面倒くさいですよね。誰だって、面倒くさいことは出来るだけしたくありません。でも、実は環境整備というのは、そもそも「面倒くさいことをやり続けるための訓練」でもあるのです。

7年間、このような「面倒くさい」取り組みを続けてきた同社には、間違いなく「忍耐力」や「継続力」なども実力が備わっていることでしょう。

(有)ファイン、藤井高大社長のインタビュー動画は、こちらをクリックしてご覧ください。(Youtubeに飛びます)

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ