2017年06月27日

どんな会社にしたいか、自分たちで考える!大悦工務店「そうじの力」

本日は、東京都杉並区の(株)大悦工務店の「そうじの力」支援日。

全員参加での環境整備(整理・整頓・清掃)も、スタートして半年が経ちました。

当初グチャグチャだった1階倉庫も、だいぶスッキリしてきました。

ちょうど先週末、「そうじの力全国大会」があり、そこに参加していただいていたこともあり、今回はまず、あらためて、現状の問題点(困っていること)と「どんな会社にしたいか?」を、みなさんに書きだしてもらいました。

すると、「どこに何があるのかが分からない」といった現状の問題点や、「すべてにおいて作業のしやすい環境にしたい」といった将来像が意見として出されたのは当然ですが、「明るく楽しい会社にしたい」という、核心をついた意見も出てきました。

そうすると、現状の足りない点や、どこをどうすべきか、といったことが明らかになってきます。

そこで、いくつかのルール決めをしていくことにしました。

まず、一番大きなルールは、「責めない」こと。

散らかっていたり、チョイ置きや不明物があったりすると、「どうして片付けないんだ!」と、ついつい相手を責めてしまいがちですが、責めても何も前進しません。

問題点は「改善のネタ」と捉えて、責めずに改善のアイデアを出し合おう、というのを基本ルールにしました。

そのうえで、倉庫内を巡回しながら、細かいルールについて、検討していきました。

これから現場に搬入する機材が道具の棚をふさいでいる問題に関しては、搬入機材専用の置き場所を作って解決しようということになりました。

同じように、作業途中の材料が無造作に立てかけられている問題についても、作業途中の材料を置く場所を作ろうということになりました。

こうして、ルール(仕組み)を作っていくことで、根性論ではない改善を進めていくことができます。

さて今回の実習では、どうしても溢れてしまうビス類の専用の置場を作りました。

ビスを分かりやすい場所に一か所にまとめたことで、作業性と視認性が上がるのではないかと期待されます。

大悦工務店の「そうじの力」、まだまだ続きます。

「そうじの力」とは何か?実践企業の見学と私(小早)の講演で実感できるセミナーのご案内は、こちらをクリックしてご覧ください。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ