2017年07月27日

情報の整理・整頓も大切!大悦工務店「そうじの力」

本日は、東京都杉並区の(株)大悦工務店の「そうじの力」支援日。

創業以来、積もりに積もった「モノ」を、とにかくまず整理、つまり「捨てる」ことを進めています。

活動開始から、およそ8か月。

毎日、終業前の10分間、全員で整理しています。

そのかいあって、モノが減り、ずいぶんとスッキリとしてきました。

今回は、最初のミーティングで、あらためて、「どんな会社にしたいのか?」をみなさんに尋ねてみました。

「信頼される会社にしたい」「和気藹々と何でも話せる会社にしたい」「働いていて楽しい会社にしたい」「風通しの良い会社にしたい」などなど、みなさんの素直で熱い想いが出てきます。

まさにそのために、環境整備(整理・整頓・清掃)を行っているわけです。

物理面では、こうして少しずつ「モノ」を減らすことで、どこに何があるのかが、以前に比べると格段に分かりやすくなってきました。「風通しが良くなってきている」と言えるでしょう。

いっぽう、「今日、どこの現場に誰が行ってるのか分からない」「先々にどういう予定が入っているのかが分からない」など、社内でお互いがお互いの動きを把握できていない、ということが分かりました。

つまり、情報の共有化ができていない、ということです。

そこで、SNSなどを使って、社内でお互いの動きを共有化することになりました。こうしたことも、「働きやすい会社」「風通しの良い会社」にするためには、大切なことですね。

さて、今回の実習は、事務所横にある作業場、通称「下小屋」の整理。

前回までで大方の整理は終わり、スッキリとした空間になっていたのですが、地下倉庫の整理に伴い、地下にあったものを上に上げたために、ここがまたモノで溢れてしまっているのです。

ひとつひとつ要る物と要らないものに仕分けをして、要らないモノは処分していきます。

社長(兄)と専務(弟)の呼吸も、以前に比べるとずいぶん良くなってきました。

 

 

 

 社長(奥)と専務(手前)

 

 

「そうじの力」がコミュニケーションを促進するというのは、まさにこういうことを言うのだと思います。

最後に、今後の進め方やルールなどを確認して、この日の支援は終了です。

どんどん雰囲気が良くなってきているので、次回がまた楽しみです。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ