2017年08月09日

普段使う身の回りこそ、整理・整頓を!生駒学税理士事務所「そうじの力」

本日は、香川県高松市にある生駒学税理士事務所の「そうじの力」支援日。

同社は、「四国で一番お客様から喜ばれる数の多い事務所になります」を経営理念に掲げています。

そうじをすると会社が良くなる。お客様企業の繁栄にために、ぜひそうじをお客様企業に広めていきたい。しかしそのためには、まずは自社が実践できていなければならない。

ということで、「四国で一番環境整備ができている会計事務所を目指します」という目標を掲げて活動に取り組んでいます。

私は現在、年に1回同社にお邪魔して、活動のチェック&レビューをさせていただいております。

まずは、執務フロアで、全員の方に着席していただき、ご自身のデスク周りの整理・整頓についてレクチャーさせていただきました。

ただレクチャーを聞くだけでは面白くないので、実際にご自身のデスクの中身やカバンの中身を出して、不要なものがないか、必要なものはすぐに取り出せる状態になっているか、確認してもらう実習を行いました。

不要なものがあれば、その場で捨てます。必要なものは、なるべく取り出しやすく、分かりやすいように収納します。

引出しの中やカバンの中は、どうしても「聖域」になりがちです。

あまり、他人に見られたくはないですよね。堂々としている人、恥ずかしそうにしている人(笑)、いろいろです。

税理士事務所の場合、デスクワークなので、自分自身のデスク周辺の身の回りをいかに整えるかが、良い仕事ができるかどうかに、大きく影響してきます。

普段から、たとえば「一日5分間」といった短い時間を使って、日々溜まっていく書類を整理していくことが大切ですね。

さて、全員対象のレクチャーの後は、委員会メンバーと一緒に、会社内を巡回して回ります。

さすがに長年活動を続けているだけあって、社内はよく整っています。

それでも、課題はいろいろあります。

たとえば、書類を仮置きする際に、専用のフォーマットを使って期限を切って仮置きするようにしているのですが、その期限が切れていたり・・・・・。

そうしたことをチェックしていき、社内で取り決めた仕組みやルールが形骸化しないようにしていくのも、委員会の大事な役割です。

今回、私がすごいな!と思ったのは、地下の駐車場です。

社用車が、駐車のラインの中に、キレイに収められています。

聞けば、特段に注意したりチェックしたりしているわけでもないようです。

「きちんと停める」という意識を、全社員が共有しているということですね。素晴らしい!

最後は、委員会メンバーでミーティングをして、課題に対する改善策について、役割分担やスケジューリングをして締めました。

そうじは何のためにするのか?決してキレイにすることが目的ではありません。

「どこに何があるか分かるようにして効率を上げる」「仕事をしやすくする」「環境を整えることで気持ちを整える」「チームワークを良くする」などなど。

そのためには、「気づき」や「創意工夫」が大切です。

今後は、委員会の定期ミーティングの際に、委員全員が何か一つ「気づき」や「改善提案」を発表するようにしてはどうか、と提案して、今回の支援セッションを終わりました。

9月7日(木)に、生駒学税理士事務所にて、環境整備発表会が開催されます。

日頃の成果をみなさんに見ていただくイベントです。四国近隣の皆様、ぜひご参加ください!

詳しいご案内とお申し込みはコチラから。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ