2017年09月18日

他部署の目が入ることが大切!森田石材店「そうじの力」

本日は、兵庫県丹波市を本拠とする(株)森田石材店の「そうじの力」研修会。

環境整備(整理・整頓・清掃)に取り組み始めて、二か月半ほど経ちます。

同社では、石材の加工をする部門、加工した石材を据え付ける部門、営業部門、そして事務部門など、それぞれの部門ごとにメンバーを選抜し、そうじの力委員会を組成しています。

毎月の研修会では、このメンバーが集い、進捗報告と情報交換を行っています。

各部門の活動状況を、プロジェクターを使って発表してもらうのですが、それを見た他部門のメンバーからは、「それって、原本は本社にあるんだから、要らないんじゃないの?」というような指摘が飛び交います。

指摘された方は、あまり気持ちの良いものではないかも知れませんが、こういう相互指摘って、とても大切だと思うのです。

普段の業務の中では、どうしても「従来が本来」というふうになってしまいます。「前例踏襲」が常です。

でも、環境整備に取り組むにあたっては、むしろ、従来のやり方を疑って、すべて白紙で考えることが必要です。

だから、こうした相互指摘は、とても刺激的で有意義です。

各メンバーからの発表が終わった後は、参加メンバー全員で現場を巡回して歩きます。

まだ活動が始まって三か月目なので、手が入っているエリアは数えるほどしかありません。

課題はたくさんあります。

それを十分に承知のうえで、今回、実習として、各メンバーに思い思いに工場内を歩いてもらって、「何これ?」というものにテープを貼ってもらいました。

そうすると、普段、工場内で働いている加工部門の社員さんたちが気が付かないような、「何これ?」が出てきます。

特に、事務系の女性などから見たときに、不明物や不要物がクローズアップされます。

こうした指摘は、当事者にとって、「慣れ」に気づかされる瞬間だと思います。

こんなふうに、普段はあまり交流がない他部署同士で指摘し合うことで、良い意味で既成概念を崩すことができるのです。

こうしたことが、実務において生かされれば、実務上も様々な成果が現れてくるはずです。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ