2017年09月20日

商売のあり方を見直してみる!共生印刷「そうじの力」研修

本日は、兵庫県尼崎市の共生印刷(株)のそうじの力研修。

環境整備(整理・整頓・清掃)に取り組んで、ちょうど1年が経ちました。

毎月1回、私が訪問して研修を行っています。

通常は、「エンジョイ3S委員会」のメンバーを集めて研修を行っているのですが、今回は1年経った区切りということもあって、まず全員を集めて私からレクチャーをして、あらためて環境整備の意義や進め方について説明をしました。

その後、通常通り、委員会メンバーに集まってもらって、ミーティングです。

1年余り経ち、取り組み前に比べれば、人も環境もずいぶんと変わってきましたが、まだまだ課題はたくさんあります。

その中で、物理的な壁として、どうしても工場内が手狭だ、ということがあります。

そこで、あらためて、工場内に不要なもの、捨てられるもの、捨てるべきものがないだろうか?と投げかけてみました。

すると、滅多に注文のない商品や特殊な仕様の商品が、意外に在庫として積んである、という話が出てきました。

聞けば、そのような商品も、注文が来た時にすぐに納品できるように、在庫として積んである、とのこと。

現場に行って、実際に見てみると、確かに、結構な分量がありそうです。

社長の方からは、「この際、商売のあり方を根本的に見直そう」という話がありました。

こうした滅多に出ない商品を減らし、定番商品に統合する。お客様に対しては、定番商品への移行を提案する。

そうすることで、ロスを減らし、利益体質に変えていこう、ということです。

当然、在庫の種類も減り、そのぶんスペースも拡がります。

こうしたことに、今までもそれなりに取り組んでは来たようです。

でも、今回、環境整備をさらに進めるにあたって、あらためて商売のあり方を見直してみよう、ということになったことは、とても良かったと思います。

経営者である社長の想いが、現場の社員さんたちにもよく伝わったのではないでしょうか。

今後の展開が楽しみです!

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ