2017年10月22日

グランドルールを決める!(株)大悦工務店「そうじの力」研修

本日は、東京都杉並区の(株)大悦工務店の「そうじの力」研修日。

毎月1回訪問し、全社員に集まってもらって、整理・整頓・清掃の研修を行っています。

研修といっても、座学ではありません。

実際の会社の現場(事務所、作業場、倉庫など)を舞台にして、整理・整頓・清掃を進めていく、具体的なアドバイスをしています。

当初、足の踏み場もなかった作業場や倉庫が、ずいぶんとスッキリして来ました。

整理、つまり不要なモノを捨て切るまで、あともう一息です。

さて、今回のミーティングにおいて、私からある提案をしました。

「グランドルール」を決めませんか?ということです。

グランドルールとは、その場で守るべき最低限の約束事のことです。

というのも、同社においては、社長(兄)と専務(弟)が、往々にして喧嘩になってしまうのです。喧嘩といっても内容はとても前向きなもの。会社を良くするための意見の食い違いです。それがどうしても、兄弟ゆえに喧嘩口調になってしまうのです(笑)。

せっかく会社を良くするための活動をしているのだから、喧嘩はやめたい。

そこで、グランドルールです。

「喧嘩をしない」ではルールになりません。

もっと前向きな、分かりやすいルールはないものか。みなさんで考えていただきました。

すると、若いスタッフから、「社長と専務は、相手の話を最後まで聞かないことが多いので、『相手の話を最後まで聞く』というのはどうでしょうか?」と提案してくれたのです。

これが、全員に大ウケ(笑)。

「まったくその通りだ!」

ということで、この「相手の話を最後まで聴く」が、同社のグランドルールに決まりました。

これって、とっても難しいことですよね。私も出来ていません。

だから、これが出来るようになるだけで、とても良い社風に変わっていくはずです。

今後、折に触れて、このグランドルールを確認していくことになります。

そうじの活動が素晴らしいのは、こういう、まともに向き合うとセンシティブな課題を、楽しく話題にすることが出来、その解決に向けた具体的行動に踏み込むことができることです。

今後の展開が楽しみです。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ