2017年11月22日

みんなの力を借りれば、思い切れる!森田石材店「そうじの力」研修

本日は、兵庫県丹波市の(株)森田石材店での「そうじの力」研修日。

今回は、営業拠点である滝野店での研修会でした。

本社の加工場などでは、石材の在庫の整理や切削粉塵の清掃などが大きなテーマとなりますが、営業拠点におけるそうじのテーマは、なんといっても書類の整理です。

同店においても、書棚の整理などを進めていますが、各人のデスク周りについては、まだまだ手が入っていないようです。

そこで今回は、ある方のデスクを題材にして、実習をしていただきました。

デスクマットの間に、いろいろなものを挟んでしまっています。

重なってしまって、結局、内容が見えません。

思い切って、デスクマットを撤去しました。

こういう場合、本人だけでは、なかなか思い切れないものです。

だから、周りが茶々を入れることが、本人の背中を後押しする力になります。

「これ、いらんやろ~!」「見えてへんやんか~!」などの野次が飛びます(笑)。

茶々を入れている方は、とても楽しそうです(笑)。

机上がクリアになったので、続いて、デスクの引き出しの中の整理です。

まずは、いったん全部出して、要るものと要らないものを仕分けます。

ここでも、やはり本人だけでは、なかなか進みません。

周囲の茶々が、後押しします。

ちなみに、デスクに手を突っ込んで掻き回しているいるのは、同社の森田茂樹社長です。

ウキウキして、とっても楽しそうです(笑)。

本人にとっては、恥ずかしい面、面倒くさい面、苦痛な面もあるかも知れません。

それでも、感想発表の場では、「こういうキッカケがないと、なかなか思い切れないので、今日は良かった。」とコメントしてくれました。

そうじは、一人でやらずにみんなでやる。

それによって環境が整い、そのプロセスがコミュニケーションを促進する。それが「そうじの力」です。

(株)そうじの力は、「そうじで、組織と人を磨く 日本で唯一の研修会社」です。

事例を体感できるセミナーは、こちらをご覧ください

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ