2017年12月22日

自分たちの会社は自分たちで作る!(有)ファイン「そうじの力」発表会&見学会

福井県鯖江市の(有)ファイン。

メガネフレームなどにオシャレなデザインを印刷するなどの特殊印刷業の会社。

このファインで、私がお手伝いして「そうじの力」、つまり環境整備(整理・整頓・清掃)の活動がスタートしたのは、もう6年以上前のこと。

始めた頃は、毎月2回訪問して、研修というか現場指導を行っていましたが、それが月1回になり、今は年に2回訪問しています。

当初はインクまみれ、不要物だらけだった工場は、みごとに塵一つない静謐な空間に生まれ変わりました。

変わったのは環境だけではありません。社員の意識が大きく変わったのです。

このファインで、「そうじの力」発表会&見学会が開催されました。

毎年この時期に開催している年中行事となりました。

外部の方をお招きして、日ごろの活動の成果を間近で見ていただく一大イベントです。

今回は18名の方々に参加していただきました。

まずはこれまでの取り組み内容を紹介するプレゼンテーションです。

この中で、彼ら自身が、この環境整備による意識面の変化を語ってくれました。

こういうのを社風と呼ぶのだと思います。でも、社風ってどうやったら作ることができるのだろう、と考えると、なかなか難しいものだと思います。

でも、「そうじの力」で良い社風を築くことができるのです。そのことを、ファインのメンバーは証明してくれています。

この発表会で毎回感心するのは、来訪者を楽しませようとする工夫です。

今回は、クイズラリーが行われました。

参加者が工場内を自由に見学し、要所に掲げてあるクイズに答えて、それを回答シートに記入すると、ある言葉が完成するのです。

こうした、彼らのホスピタリティーは本当に素晴らしいと思います。こうしたことも、この環境整備によって、培われてきたものでしょう。

いつもどおり、藤井高大社長による、トイレそうじの実演も行われました。

工場内は、定位置化が進み、誰が見ても、どこに何があるかひと目で分かるようになっています。

ファインは、毎年進化しています。

その秘密が、この「改善提案ボード」。

全社員が持ち回りで工場内を巡回し、不備な点や改善すべき点、こうしたいと思った点などをポストイットに記入して、それをボードに貼り付けているのです。

それらの課題をひとつひとつ改善していき、終了したら剥がしていく、という仕組みです。

全員参加で、改善の連続です。

こうした取り組みの根底にあるのは、「自分たちの会社は、自分たちで作る!」という彼らの熱い想いです。

自分たちが働く会社を、誇りを持って働ける会社に磨いていく、それがまさに「そうじの力」なのです。

最後に、私が『組織力をアップさせるそうじの力とは?』と題して講演させていただき、発表会&見学会は終了しました。

なお、当日のようすは、(有)ファインのブログに詳しく載っています。

こちらもどうぞご覧くださいませ。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ