2017年12月23日

現場で現物を見ることで課題が明確になる!森田石材店「そうじの力」

本日は、兵庫県丹波市の(株)森田石材店の「そうじの力」研修日。

毎回、各部署のリーダーの方たちに集まってもらい、研修を行っています。

まず、私の方から簡単なレクチャーを行った後、各部署における、ここ一か月間の活動報告をしてもらいます。

それについて、他の部署の人たちから、質問や「もっとこうこうしたら」というようなアドバイスが飛び交います。

座学はここまで。

本番は、現場巡回と実習です。

今回は久々の本社での開催となったので、じっくりと現場巡回をしたいと思っていました。

ちょうど、技術部が、車両のそうじに取り組んだという報告があったので、たまたまそこに停まっていたトラックを見てみました。

すると、「この車はまだなんです」とのこと。

ちょうど良い題材だったので、そのトラックの運転席を題材にして、その場で実習をしてもらいました。

まず、運転席にあるものを、いったん全部出します。

そして、要るものと要らないものに分け、要らないものを処分します。

ダッシュボードや椅子の上だけでなく、グローブボックスの中や椅子の背もたれの裏側も開けて、モノを引っ張り出します。

案の定、結構な数の「?」が出てきます(笑)。

そうじの基本は、整理、つまり不要なものを捨てること。

今後、他の車両も含めて、一台ずつ手が入っていくことでしょう。

さて、同社における大きな課題は、石材の整理です。

石材は腐らないだけに、置いておけば「いつかは使える」というふうに思いがちで、だからこそ、整理が進まないのです。

石材ラックを眺めながら、「あれは何の石材?」「いつ使うの?」といったことを確認していきます。

でも実際のところ、どんな石材があって、それはどんな使い道があるのか、現物を見てみないことには掴めません。

そこで、ラックに載っている石材を、実際に降ろしてみました。

降ろしたパレットに載っている石材を、一つひとつ実際に触りながら検証してみると、やはり「なんとなく」思っていたことと違い、具体的に「これは○○の用途に使おう」とか「これはもう使い道がないから処分しよう」という具体策が湧いてきます。

現場で現物を見ることの大切さを痛感します。

こうして、石材の在庫も、今後、少しずつ整理が進むことでしょう。

さて、今回は、最後に面白い実習をしました。

事務所内の整理・整頓実習です。

それぞれの皆さんで整理・整頓を進めてもらっていますが、まだまだ不十分なようです。

さらに進めるためには、各人が個人で整理を行うよりも、ペアを組むなどして、複数人で取り組むのがベターです。

他人の目が入ることで、適度な「圧力」が加わり、整理が進むということと、一緒に作業することで、いろいろなコミュニケーションが生まれる、という利点があります。

今回は、社長(兄)と常務(弟)にペアを組んでもらい、書棚の整理実習をしていただきました。

兄弟なので、ちょっとやりにくそうでしたが(笑)、複数人で一緒に活動することのコツのようなものは、掴んでいただけたかな、と思います。

次回の訪問時には、事務所の整理・整頓も、さらに進んでいることでしょう。

同社の「そうじの力」の取り組みは、同社のブログでも紹介されていますので、どうぞご覧ください

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ