2017年12月28日

細部にこだわれ!(株)西鶴「そうじの力」

本日は、大阪府で二つの霊園を営む(株)西鶴の環境整備(整理・整頓・清掃)研修。

霊園というと「暗くて汚い」が定番ですが、同社は「明るくてキレイ」な霊園として、メディアからも注目されている、ユニークな会社です。

私が同社の環境整備をお手伝いして、丸3年になります。

当初から霊園としてはキレイでしたが、この3年で、さらに磨きがかかりました。

もちろん、環境整備の目的は、キレイにすること自体ではありません。

仕事をしやすい環境をつくり、気づきの感度を高め、コミュニケーションを促進すること、です。

今回、同社を訪問してみて、ひととおりのことは出来ています。

パッと見えるところはキレイになっています。

でも、細かい部分に着目すると、手が入っていないところが散見されます。

そういうところに手を入れましょう、とアドバイスしました。

たとえば、トイレのドアのスリット部分。

ここに、ビッチリとホコリが溜まっていました。

それを、歯ブラシを突っ込んでそうじしてもらいました。

便器はピカピカにそうじしてあっても、こういう目の届きにくいところは、見落としがちです。

あるいは、車両の荷室のドアの内側。

ボディは洗車してあっても、やはりこういう死角には目が届かないものです。

あるいは、事務所の蛍光灯。

これも、取り外してみると、けっこうホコリが付着しているのです。

社員さんたちは、「下ばかり見ていました」と言っていました。

なぜこんな「見えない所」にこだわるのか?

それは、見えない所に手を入れることで、「気づき」の感度が上がるからです。

普段目の届かない死角に手を入れ、そこにあるホコリに気づくこと。

それは一つの「情報」をキャッチすることに他なりません。

同社は、すでにある一定以上のレベルにあります。

だからこそ、今後は、より細かいところにこだわりましょう!と呼びかけました。

(株)西鶴の環境整備の取り組みのようすは、同社のブログでも紹介されていますので、こちらもどうぞご覧ください。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ