2018年04月18日

隠れた問題を露わにする!森田石材店「そうじの力」

本日は、兵庫県丹波市を本拠とする(株)森田石材店の「そうじの力」研修日。

活動を開始して、8か月ほどが経ちました。

同社には、営業拠点として2つの店舗がありますが、今回は、お隣の篠山市にある篠山店に研修メンバーが集まり、店舗を題材にした研修を行いました。

着実に活動が進んでいるようで、約半年前の前回訪問時に比べて、店内は格段にスッキリとしてきました。

デスクはほぼ机上ゼロになりました。

窓を遮っていた背の高い棚は撤去され、明るい日差しが窓から事務所内に差し込んでいます。

しかし、いつも強調していることですが、「そうじの力」とは、決して見栄えを良くする活動ではありません。

「そうじ」というツールを通じて、各人が本来の持てる力を発揮できるようにすること、そして、互いに気持ち良く仕事ができるようにすることが、その主眼なのです。

そういう意味で、表面はキレイになったとしても、肝心は中身だということになります。

なので今回、あえて、各人任せになっている部分にスポットライトを当ててみました。

まずは、個人のカバンの中身です。

Aさんのカバンの中身を、研修メンバーと一緒に、いったん全部出してみます。

すると、「これは何?」「なぜこれはここにあるの?」「これは必要ないのでは?」「これはここではなく、あそこにあるべきでは?」というようなものがたくさん出てきました。

つまり、デスクや棚などはスッキリと整理・整頓できてきましたが、個人のカバンの中身に問題が隠されていたのです。

さらに、Bさんの営業車の内部も見てみました。

すると、こちらにも同様に、「これは何?」「なぜこれはここにあるの?」というようなものが出てきます。

このように、実は表面からは見えないところに問題が潜んでいることが多いものです。

「そうじの力」は、隠れた問題を露わにし、その解決を図る活動でもあります。

一人でやらずに、みんなでやる。

個人任せにせず、オープンにする。

そこから、組織としての問題を発見することができ、解決の道筋を見出すことができるのです。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ