2017年01月12日

最後はリーダーの意識次第!西村ジョイ「そうじの力」

本日は、香川県高松市を本拠にして県の内外に11店舗のホームセンターを展開する西村ジョイ(株)の環境整備「そうじの力」支援日。

毎月、各店から店長もしくはリーダーが集まり、研修会を開いています。

今回は丸亀市にある丸亀店を舞台に研修会を開催しました。

丸亀店を訪れたのは一年以上ぶりですが、以前に比べて随分と進化しました。

まず、全社を挙げて取り組んでいる「倉庫在庫ゼロ化」。

画像(420x236)

お見事です。

しっかりとできています。

扇風機などのいわゆる季節商品は、どうしても最後に少量が売れ残ってしまうものですが、それもすべて売り切ったとのこと。

それができた秘訣を店長に伺いました。いろいろな工夫をされていたようですが、結局、最後は店長をはじめとするリーダーの強い意識次第だということがよくわかりました。

店内(ペットセンター)の床面も、お得意のDIYで塗ったそうです。

画像(420x236)

キレイで気持ちが良いですね。

さて、今年はこの「そうじの力」の取り組み内容をマニュアル化していこうということで、マニュアルに取り上げるべき項目を、参加者のみなさんで討議しました。

画像(420x236)

マニュアル化することで、同社としての統一化を図り、パートさんを含めた末端にまで浸透させることが狙いです。

さて、とはいっても、まだまだ不十分な部分はたくさんあります。

店舗内を巡回し、乱れているところがないかどうか、みんな出確認していきます。

「気づき」の感度を高める訓練なのです。

画像(420x236)

店舗の裏側に、レンガやブロックが積まれていました。

欠けたり崩れたりした製品を処分し、まだ売れるものは売るという仕分けをしている最中とのこと。

ちょうど良い題材だということで、その場で仕分け作業の実習を行いました。

画像(420x236)

ブロックが片付いたあとを、ホウキでキレイに掃きます。

黒いジャンパーは西村久社長です。

こうして、実際に体を動かすことで、「そうじの力」を体感してもらうのが、この研修なのです。

こうして体感してもらった「気づき」を、各店舗に持ち帰って、それぞれの店舗で実践をしてもらいます。

各店舗がそれぞれ良い意味でのライバル意識を持ってもらえば、もっと良くなっていくでしょう。


 

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ