2017年02月07日

ペアを組むから気づきが生まれる!tenniseggくずは「そうじの力」

本日は、大阪府枚方市のテニススクール、tenniseggくずは((株)TOYBOX)の環境整備「そうじの力」支援日。

全員参加での整理・整頓・清掃の活動が始まって、8ヵ月ほどが経ちました。

2ヶ月に一回訪問して、研修を行っています。

同社では、スタッフがシフトで勤務しているため、全員が同時に集まることが困難です。

そのため各人が空いている時間帯に活動しているのですが、その際、一人でやらずにペアを組んで行っています。

一人でやるのは寂しいものです。また、ペアを組んで環境整備を行うと、「ここ、汚れてない?」とか、「ここはもっとこうした方が分かりやすいよね」というような気づきが高まるのです。

もとより、環境整備はキレイにすることが目的ではありません。環境整備を通じて「気づき」を高め、行動力を養い、コミュニケーションか活性化させることが目的なのです。

だから、一人でやるより、仲間と一緒にやることが大切なのです。

現場巡回をしてみると、随分と色々なことが進んできました。

 事務所のファイルはキチンと定位置化されています。

テニスコート脇にあるベンチにも定位置化のためのマーキングが。

皆さんが、それぞれ工夫して環境整備に取り組んでいることが分かります。

もちろん、まだまだ課題はたくさんあります。

私はいつも訪問時には、実習を取り入れています。環境整備の大きな目的である「気づき」を得るために、実習は有用なものと考えます。

たとえば、個人管理の書類。同社では各人がひとつのボックスを持ち、そこに個人管理の書類を入れているのですが、どうしても溜まってきてしまいます。

そこで、それぞれのボックスの中身をいったん全部出して、整理する実習をしてもらいました。

あるいは、トイレの間仕切りの上部。ここにホコリが溜まるのです。雑巾で拭いてもらい、そのホコリを確かめてもらいました。「見えない所」の汚れを意識することが、「気づき」の感度を上げる訓練になります。

同社の良いところは、何といっても明るいところ。

研修中も、明るい冗談や笑顔が絶えません。

この調子で、どんどん楽しんで環境整備を進化させていってほしいです。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ