2017年02月08日

日々の行動の積み重ねが会社を改革していく!西村ジョイ「そうじの力」

本日は、香川県を本拠として県内外に11店舗のホームセンターを展開する西村ジョイ(株)の環境整備「そうじの力」の支援日。

毎月1回、全店舗の店長やリーダー層を集めて研修会を行っています。

この活動は、決して美化活動、つまり表面の見栄えを良くする活動ではありません。

環境整備によって、「気づく力を養う」→「行動力を養う」→「チームワークを養う」ことが目的です。私は、毎回のように、このことを講義しています。

今回は観音寺店が舞台。

現場を巡回すると、ずいぶんと取り組みが進んでいることに驚きました。

たとえば、木材売場。木材を陳列してある棚の裏は、たいていオガクズで汚れているものです。

しかし、観音寺店の裏側は見事にキレイです。

その木材売場に隣接する工作室。ここもまたキレイなのです。

工具類はきちんと整頓されています。

驚いたのは、木材をカットする電動ノコギリの裏側です。ここは通常、オガクズが山盛りになっているところですが、ここも塵一つないのです。

これには他店からの参加者はビックリ!

私もビックリです。

これは付け焼刃で出来ることではありません。

おそらく、担当者がこまめにそうじをしている結果でしょう。

こうした、日々の小さな積み重ねが、結局は会社を大きく変えていくことになると思うのです。

さて、研修会においては、私は現場巡回と実習を大切にしています。

環境整備は現場がすべてです。いくら座学をやったところで、実践につながらなければ意味がありません。

幟やPOPの整頓がひとつのテーマだったので、その置場を参加者みんなで見ながら、現状と課題を共有化しました。

産廃の捨て方についても、どのように捨てれば効率が良く見栄えも良いのか、みなさんで意見を出し合いました。

そして、最後に実習です。

「そうじをする際に、棚の下もしっかりとそうじする」という原則があります。

それを、建材売場を題材にして実習しました。ホウキなどを什器の下に潜り込ませて、奥の汚れを掻き出してキレイにしていきます。

11店舗を展開し、一店舗あたりの面積も広く、取り扱う商品アイテムも多数の同社ゆえ、まだまだ課題はたくさんあります。

しかし、こうした小さな行動を積み重ねてゆけば、いずれすごいホームセンターになることは間違いありません。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ