2017年08月12日

『すぐやらなくてはいけないことではないけれど、重要なこと』に手を付ける習慣作り!(有)サニーシステム「そうじの力」

今日は、東京都の空調設備設・住宅設備設計施工業(有)サニーシステムの支援日。

朝から現場に直行することが多く、全員で集まる機会がなかなかない同社では、「そうじの力プロジェクト」を社内の課題発見・解決の場として活用しています

 

今回のテーマは、「窓に貼ったテープが熱で溶けてしまった」ということで、『窓のそうじ』。

まずは、簡単な道具を使ってきれいに落ちることをデモンストレーション。やり方を確認したら、早速みんなで実践です。

「すりガラスだと汚れが凸凹に入り込んでしまうね」

「あのブラシを使ってみるか」

「激落ちくんだとどうだろう?」「持ってきて~」

みんなで声を掛け合いながら、協力しながら、そうじをしてみます。

社内にあるものではきれいに落ちきらないときは、その場で「どうする?」「何を誰が買ってくる?」「いつやる?」を決めていきます。

そうじをきっかけに、『すぐやらなくてはいけないことではないけれど、重要なこと』に手を付ける習慣作りをしています。

 

テープはがしの後は、ほかの窓もそうじしよう!ということで、倉庫の前の窓を拭きました。

社長も社員も一緒に汗を流し、一緒にそうじをすると、心の距離がぐっと近づきます

心の距離が近づくと、ミーティングも活発になっていきますね♪(^-^)

「みんなでやる”そうじ”」は、決して「きれいにすること」が目的ではありません。

気づいたことをすぐやってみたり、見つけた問題を解決するために仲間にその場で声をかけてみたり、仲間の新しい一面を発見したりする、コミュニケーションツールなのです。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□

「社内になんだか距離感がある」

「ミーティングでなかなか意見が出てこない…」

そんな社内コミュニケーションにお悩みがある経営者様、9/12(火)東京都台東区にて良い社風づくりのためのセミナーを開催いたします。

活動のヒントが満載!どうぞお待ちしております(^0^)。