「社内のチームワークが格段に良くなった!」
(株)小池勝次郎商店 小池博社長

お客様の声

(株)小池勝次郎商店は、埼玉県深谷市を本拠とし、農業用資材小売店「こいけや」1店舗と農産物直売所「とんとん市場」2店舗を展開する会社です。

代表取締役である小池博社長にお話をお伺いしました。

Q:「そうじの力」を続けてきて1年、活動の手ごたえや、起こってきた変化などはありますか?

一番印象に残っているのは、ビニールハウスの部品ですね。部品や、ハウスの工事が終わったあとに片づけてきたパイプの残骸が至るところにありました(写真)。

ちょうど雪害があったので、ビニールハウスの工事が忙しかったし、その事情も分かっていたのですけど、ちゃんときれいにしようと決めました。

「使えるものと使えないもの」ではなくて、「使うものと使わないもの」に分け、新品でも使わないなら廃棄するという方針で片づけていったことが一番印象に残っています。

スッキリして、仕事の段取りも良くなっていったと思います。

 

Q:ビニールハウス以外のエリアで印象に残っているのは?

農業資材店舗「こいけや」でいうと、バックヤードや裏の倉庫にある商品(写真)を、とにかく売り場に出すことにしました。

商品を倉庫に置いておくのではなく、できるだけ売り場に出す意識

「台車の上に乗ったままではなく、きちんと商品を並べようという意識

そういった“意識”が芽生えたということは、この活動のおかげかなと思っております。

 

Q:一緒に活動される社員さんたちの雰囲気は?

どうしても「社長」という立場から、厳しい目で見てしまうので、まだまだという点はいっぱいあります。

でも、7時45分から8時までの決まった時間にそうじをするということ、それから各部署で「そうじの力」の活動の時間が決まりました。

部署ごとに月に2回だったり週に1回だったり様々ですが、その活動では、みんながしっかり自主的に活動しているというのが、自主性が芽生えたことのように思います。

 

Q:業務の中で、具体的に良くなったことはありますか?

例えば店舗では、お客様から商品予約を受けた場合に書く受注票が、今まではあっちへ行ったりこっちへ行ったりして探す時間が多かったのですが、それが減っていき、受注対応が早くなりました

外販部(営業部)では、元々良かったチームワークが更に格段に良くなって、「売上目標に対しての意識」や「数字が足りない人をみんなで支援していこうという意識」が芽生えたのは感じました。だから計画は達成していますよね(笑)。

業務部では、女性3人が一生懸命チームワークを組んで、事務用品の管理を一括にしてくれました。そのおかげで、事務用品の購入費用が1年で18万円減ったというのが数字として表れました。「どこにあるのだろう?」というのがなくなって、そこに行けば必ずあるという安心感が生まれたのが良かったかなと思います。

 

Q:現状の課題はありますか?

課題は、「整理(捨てる)」が終わったので、次の「整頓」ですね。それと「継続する・維持する」という部分です。

あと、まだ「やらされ感」が強いと思いますので、「この活動が楽しい」「整理整頓清掃が楽しい」って思ってもらえるような雰囲気づくりをするっていうのが、私の課題であるのかなと思います。

 

Q:今後の抱負を聞かせてください。

自社で業績を良くする、一人一人の気づきが良くなるというのはもちろんなのですが、自分のところで体験として得たことを、農家さん(お客様)に反映させていきたいです。

農家さんの納戸や倉庫に行ったときに、ちょっとしたアドバイスでその農家さんの倉庫が片付く、そしてその結果農家経営が良くなるというのが、目指すところかな。

 

Q:弊社の支援についての感想をどうぞ

小早さんは厳しいわな。厳しいわ(笑)。本当にね。ただ、今、1か月に1回来てもらえなかったらなかなかできないというのは事実です。

良く黒船来航に例えて「黒船が来るから何とか形は作らなくちゃ。」ということで、月1回の支援の日の前にはきれいにするというのはあるのですが、月1回の途中でちょっと連絡をもらえるとかアドバイスを頂けるとかそんな支援があるともっといいですね。

やらなかったならば、明らかに前と同じまんま、無駄なものが多い・整理整頓ができてなくてだらしない経営内容だったなというふうに、それは本当に思います。

 

Q:最後に経営者のみなさんにこれだけは伝えたいことがあればぜひ。

最終的には経営者の肚が、つまり自分の肚が「5Sに取り組む」と決まっているかどうかだと思います。自分が肚を決めたので、一生懸命取り組んでいきたいと思います。

それと、自分自身の目標を持つこと、期限に対しての目標、これまでにこのくらいの状態にはしたいとかそんな目標を持つことも大事なのだということを改めて気づかせてもらいました。やったほうが良いですよ、みなさん。本当にね、やったほうが良い。そう思います。

 

Q:ありがとうございました!

導入事例

「そうじの力」ですべてを秩序づけていく!
株式会社小池勝次郎商店(埼玉県 小売業)

 埼玉県深谷市に本拠を置き、農業用資材小売店と農産物直売所を経営する(株)小池勝次郎商店。1年余り前から「そうじの力」の取り組みが始まっています。

 業界の体質なのかも知れませんが、当初は店舗内外、倉庫、事務所ともに、かなり乱れている状態でした。

 象徴的だったのが、倉庫代わりに使っていた、裏のビニールハウス2棟です。

 昨年2月の豪雪により、雪の重みで天井部分がひしゃげてしまいました。

 中に入っているものを確認してみると、消費期限の切れた除草剤、劣化して割れてしまったプラスチック製品、仕入れすぎて大量に積み上げられた製品在庫、などなど・・・。

当初のビニールハウス倉庫

 これらを、整理していきました。売り物にならないものは、廃棄しました。売れるものは、店頭に出しました。

 その結果、倉庫内にはモノがなくなり、ビニールハウス2棟は取り壊しました。

更地となり、現在は新たなハウスが建っている

  こうしてできたスペースに、新たなビニールハウスを建てて、そこに野菜の苗の育成場を設けました。

 これまでは、店舗の脇に苗の育成場があったのですが、手狭で困っていたところです。

 効果は、スペースを有効活用できたことだけではありません。社員全員が、「適正な在庫」というものを強く意識するようになりました

 店舗の奥にも倉庫があるのですが、当初はやはり、ほとんど売れる見込みのない製品在庫や、メーカーから送られてきてそのまま有効活用されていない景品などが積みあがっていました。

 これらを整理する中で、「使えるものは有効活用し、使わないものは最初から手に入れない」という意識が徐々に根付いてきたように思います。

 小池博社長によれば、以前に比べて在庫の棚卸金額が700万円ほども削減できたそうです。

 

 もうひとつの象徴的な出来事は、外回りの営業部隊の拠点である「中事務所」の改革です。

 当初は、書類がうず高く積み上げられていました。壁にはペタペタと無数の貼紙・・・。ただでさえ狭い事務所が、余計に狭く感じられます。

以前の中事務所

 「まずは机上ゼロにしましょう」と呼びかけてから、実際に机上ゼロになるまでに数か月。難産でしたが、机の上と壁がクリアになりました。

 ここまで出来たのだから、思い切ってフリーアドレスにしてみてはいかが?と提案してみました。個々人のデスクを固定化せず、共用のテーブルで仕事をするシステムのことです。

現在の中事務所

 ここでも小さな抵抗はありましたが、やってみると、「お互いの顔が見えて、話がしやすくなりました」という感想が物語るように、スペースの有効活用だけでなく、コミュニケーションの活性化にも寄与しているようです。

 

 同社の特長は、トップである小池博社長の明るさと勉強熱心さです。

 毎回、私たちが訪問して指導する場面にも、笑いが溢れています。

小池博社長(左)と爆笑の実習風景

 朝礼にも熱心に取り組んでいます。外部の自己啓発研修にも、社長を先頭に、社員たちが参加しています。

 しかし、私が気になったのは、「先約優先」が守られていないこと。

 たとえば、私たちの訪問があらかじめ予定されているにも関わらず、その日にお客様とのアポイントを入れてしまう営業マンがけっこういたのです。

 事の大小に関わらず、先に交わした約束を優先するのが「先約優先」です。こうしたことの乱れが、職場環境の乱れにつながっているのだと思います。

 逆に考えれば、職場環境を整えることを通して、「先約優先」「けじめ」「秩序」を大切にする風土を培っていけるということです。

 

 店舗の入口に、当初はたくさんの幟(のぼり)が下がっていました。賑やかしとしては悪いことではありません。

 しかし、よく見ると、ほとんどの幟が千切れたり色褪せたりしていて、みっともないのです。

店舗の幟。現在は撤去されている

 そうじを通じて、こうしたことに「気づく」感性を養い、身の回りを秩序づけていく

 秩序というベースを基に、明るさや勉強熱心さが花開けば、同社はもっともっと素晴らしい会社になっていくことでしょう。

 まだ課題はたくさんありますが、今後の展開が楽しみです。

 

※もっと詳しくお聞きになりたい方は、当社セミナーにぜひお越しください!

動画

・(株)小池勝次郎商店 小池博社長