2017年04月05日

社長が欲しいのは「生産性の向上」ですか?「社員の成長」ですか?

「会社」「環境整備」という言葉で検索すると、その意義や取り組み方に関わる記事が沢山出てきます。

でも、「社長が何を大切にするかで、取り組み方が180度変わってくる」というのはご存知でしょうか?

社長が環境整備に求めるものは何でしょうか?

そして、それを行動として社員に示せているでしょうか?

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

▼目次

「そもそも必要なんでしょうか?」こそ”気づき”の視点
“そうじ”の取り組みで大切なのは「プロセス」
なぜ「環境整備」をしたいのですか?

 

 


「そもそも必要なんでしょうか?」こそ”気づき”の視点

 

本日は、香川県を本拠として県内および近県に11店舗を展開するホームセンター、西村ジョイの「そうじの力」支援日。

全店舗で整理・整頓・清掃に取り組んでいます。

 

同社の環境整備の目的は、キレイにすることではありません。

“そうじ”を通じて

・「気づき」の感度を上げ

・コミュニケーションを活性化させ

・社風を良くすること

が目的です。

 

毎月1回、各店舗から店長やリーダークラス社員が集まり、研修会を開催しています。

今回の研修では、事務所のデスクの整理・整頓が大きなテーマとなりました。

 

店長のデスクの引き出しは、このようにきちんと「くり抜き整頓」がされていました。

これを見たある店長が、

「これらの事務用品は、すべてここになければならないものですか?」

という疑問を投げかけてくれました。

 

「そう言われてみれば…」

と、参加者で議論することになりました。

 

素晴らしい”気づき”の視点です。

「そもそも必要なのか?」という疑問は、「自分で考える」ことができるからこそ生まれるものです。

疑問があるから、行動に移せます。

 

「そもそもどうなのか?」と問いかけることは、仕事そのものを見直すことにもつながるでしょう。

 

 


“そうじ”の取り組みで大切なのは「プロセス」

 

“そうじ”の取り組みで大切なのは「キレイに出来ているか、出来ていないか」(=結果)ではありません。

その過程で起こったこと(=プロセス)や、今回のような疑問こそが大切なものなのです。

 

社長の視点が「結果」にあれば、「結果が欲しいための環境整備」が生まれます。

早く・確実に、キレイにはなるでしょう。

でも、社員にとっての環境整備は「社内評価を得るためのもの」になるでしょう。

計画通りに遂行し、キレイになれば、評価に反映されるのですから、当然のことです。

 

プロセスに着目するということは、「社員の成長を見守ること」です。

一人一人の社員の意見に耳を傾け、意見を交わしながら、ともに実践していく。

だから、進行も変化もゆっくりです。

 

 


なぜ「環境整備」をしたいのですか?

 

もちろん、結果にこだわることは大いに大切なことです。

「環境整備も結果にこだわってこそ」という社長さんもいらっしゃることでしょう。

 

“そうじ”は、「目標を立て・それを忠実に実行し・達成する」ことをすべてにおいて実践していらっしゃる方には、少し苦痛を伴う取り組みかもしれません。

 

“そうじ”は、課題を見つけたらいちいち立ち止まります。

だから、計画どおりになんて大体進みません。

社内の整理に1年以上かかることも、よくあることです。

 

でも、計画に追われないからこそ、「そもそも…」の疑問を出せます。

「じゃあこういう風にしようか」と軌道をまるっと修正することもできます。

 

社長が環境整備に求めるものは何でしょうか?

キレイになった、効率が上がった、という「結果」でしょうか?

それとも、「プロセス」の中から生まれる、社員の成長でしょうか?

 

どちらを大切にしたいかによって、環境整備の進め方は180度変わってきます。

そして、これは社長が決めることです。

決めて、社員にきっちり提示してあげてください。

 

 

西村久社長は、どのような決意で取り組んでいるか。

インタビュー記事をぜひご覧くださいね。

 

◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ