2017年04月19日

進歩するために必要な「全部出す」こと|共生印刷

本日は、兵庫県尼崎市の共生印刷(株)の「そうじの力」支援日。

同社はクリーニング屋さんで使う「タグ」の印刷をしている会社です。

約半年ほど前から、全員で整理・整頓・清掃に取り組んでいます。

少しずつですが、工場内がすっきりしてきました。

一方で、なかなか思うように進んでいない面もあります。

「手を入れた」という部分も、以前とあまり変わり映えしないように感じられることもあります。

これはちょっと、整理・整頓における「コツ」が掴めていないのかもしれません。

そこで今回は、実習で、狭い箇所をターゲットにして、そこにあるものすべてを、いったん出してもらいました。

とにかく、いったん全部出す!

すべてのものを出すと、必ず「これ何?」というものや、明らかな不要物が出てきます。

また、モノが積み重なっている下の部分には、大量のゴミやホコリが溜まっていたりします。

パレットの下には大量のゴミとホコリが!

不要な物を捨て、ゴミやホコリを除去し、必要な物は雑巾でキレイに拭いて、分かりやすく元に戻します。

この過程で、「これは本当にこれだけの分量が必要なのだろうか?」とか、「もっと取り出しやすい置き方はないだろうか?」という問題提起が出てくるはずなのです。

それには、こうした「いったん全部出す」方法が非常に有効です。

ちょろっと見て、「ああ、ここにあるものはすべて必要なものだ」と判断してしまうと、進歩することができません。

ミーティングのようす

ミーティングにおいても、この「いったん全部出す」ことを、一カ所ずつ、コツコツと進めていこう、ということで話がまとまりました。

次回訪問時までに、どのくらい進んでいるか、楽しみです。

 

同社では、環境整備活動についての壁新聞を作っています。

工場部門の壁新聞

本社(営業)部門の壁新聞

カチッとした「報告書」よりも、社員さんたちが目を通しやすい、暖かい雰囲気ですね!


◆「そうじの力」を体感できるセミナーを毎月開催しています!
 日程は、こちらをクリックしてご覧ください!

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ