2017年09月26日

社長と社員が一緒に汗を流すことが、組織活性化の種|右川ゴム製造所

本日は、埼玉県八潮市の工業用ゴム製造業、(株)右川ゴム製造所の「そうじの力」研修日。

環境整備(整理・整頓・清掃)に取り組んで、一年半ほど経ちます。

同社における環境整備は、「そうじの力委員会」が中心になって引っ張ってきました。

一年目は、工場内の現場の整理・整頓・清掃を行ってきました。

この二年目は、委員会活動としては、現場以外の公共の場、たとえば休憩所や階段、トイレ、周辺の草むしりなどを行っています。

今回は、二階と一階をつなぐエレベーターの周辺の清掃に取り組みました。

粉塵で真っ黒だった壁も、地肌が見えてキレイになりました。

このパネルは、当初、黒いものだとばかり思っていましたが、こうして磨くと、薄緑色の地肌が見えてきました。

ちなみに、上の写真の奥で一生懸命に磨いているのは、右川誠治社長です。

上の緑色の部分が、磨いたところです。ほんとにクッキリです(笑)。

他の社員も、これを見て、「へ~、こんな色だったんだ!」と歓声を上げます。

キレイになって達成感を味わったところで、参加した委員会メンバーで記念撮影。

私が傍らで見ていて、何よりも素晴らしいと感じるのは、こうして社長と社員が区別なしに一緒に汗を流すことで、本当に風通しが良くなっていることです。

これこそが、まさに「そうじの力」。

各人が本業以外の場でともに課題を解決することで、リーダーシップやチームワーク、本業でのコミュニケーションが促進されるのです。

 


◆「三方よし」の経営哲学で百年を生き抜く!同社の記事は下記のリンクよりどうぞ(外部サイト)
企業物語メディアBigLife21「4代続く道経一体の経営術 「三方よし」の経営哲学で百年を生き抜く。」

◆セミナーにて、同社が”そうじ”に取り組んでからの変化をお伝えしています。2代目経営者の方必見!開催日程はこちら!

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ