2017年12月23日

社長自身が「よし、一緒に全部出そう!」と言うことの大切さ

“そうじ”において一番大切なのは「整理」。

整理において肝要なのは「捨てきる」こと。

でも、「捨てきる」ということは、なかなか簡単なことではありません。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

どうしたら「捨てきる」ができるようになるか、今日はそんなお話です。

 

 


モノが増える原因はたったひとつの「?」から

 

本日は、兵庫県丹波市の(株)森田石材店の「そうじの力」研修日。

毎回、各部署のリーダーの方たちに集まってもらい、研修を行っています。

 

★前回の研修のようすはこちら

 

ミーティングで各部署の現状を共有した後は、現場巡回と実習を行います。

 

ちょうど、技術部が、車両のそうじに取り組んだという報告があったので、たまたまそこに停まっていたトラックを見てみました。

すると、「この車はまだやってないんです」とのこと。

 

ちょうど良い題材だったので、そのトラックの運転席を題材にして、その場で実習開始!

まず、運転席にあるものを、いったん全部出します。

そして、要るものと要らないものに分け、要らないものを処分します。

 

ダッシュボードや椅子の上だけでなく、グローブボックスの中や椅子の背もたれの裏側も開けて、モノを引っ張り出します。

案の定、結構な数の「?」が出てきました。

 

“そうじ”において、まずやることは「整理」。

つまり、不要なものを捨てることです。

まずはどの車からもこの「?」をなくすこと。

「誰のものなのか」、「何のためのものなのか」を明確にするということです。

「?」をひとつ放っておくと、二つ、三つとどんどんモノが増えていきます。

 

実習で掴んでもらった手ごたえを忘れないうちに、今後、他の車両も含めて、一台ずつ手を入れていくことになりました。

 

 


見て触るから、踏ん切りがつく。判断できる。

 

さて、同社における大きな課題は、石材の整理です。

石材は腐らないだけに、置いておけば「いつかは使える」というふうに思いがち。

だからこそ、なかなか捨てられないのです。

 

石材ラックを眺めながら、

「あれは何の石材?」

「いつ使うの?」

といったことを確認していきます。

でも実際のところ、

 ・どんな石材があって

 ・それはどんな使い道があるのか

現物を直接見て、触ってみないことには掴めません。

 

そこで、ラックに載っている石材を、実際に降ろしてみました。

 

降ろしたパレットに載っている石材を、一つひとつ実際に触りながら検証してみます。

 

するとやはり

「なんとなく」

思っていたことと違い、

「これは○○の用途に使おう」

「これはもう使い道がないから処分しよう」

という具体策が湧いてきます。

机に座りながらプレゼン映像で同じものを見たとしても、「実際にどうするのか」が全然イメージとして湧いてこないものです。

現場で現物を見ること・触ることの大切さを痛感します。

 

こうして、石材の在庫も、今後、少しずつ整理を進めることになりました。

 

 


面倒から逃げていては、いつまでたっても”組織変革”は成し遂げられない

 

「現物を見る・触る」ということは、モノに対し「直接サヨナラを言う」ことと言っても良いでしょう。

 

直接見て触るから、イメージができる。

だから踏ん切りがつくし、判断もできる。

 

見る・触るためには「出しきる」ことが必要になります。

そしてこの「出しきる」は、人手も時間もかかる「とても面倒」なことです。

 

整理をするとき、全部出しきらないのは

「他のことに時間を使いたい」

のではなく、

「面倒だからやりたくない」

「別の人に押し付けたい」

に他なりません。

 

社長自身が、面倒から逃げないこと。

社長自身が「よし、一緒に全部出そう!」と言うこと。

「率先垂範」ではなく「共同作業」をすること。

その時間の中で、途中離脱せず、社員とやり切ること。

 

面倒から逃げていては、いつまでたっても”組織変革”は成し遂げられません

 

第三者である私が、同社の活動を支援しているのは、社長が「逃げたくなる」のを防ぐため、でもあったりします(笑)。

 

 

★次の活動のようすはこちら

 

同社の「そうじの力」の取り組みは、同社のブログでも紹介されています。

 


◆御社の”環境整備”、「会社の問題を見つけ・解決する場」になっていますか?
社長が意識すべき10のポ
イントを要チェック!(↓)

◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ