2018年07月08日

5Sに取り組んでいるのにあなたの会社が変わらない10の理由 その1「社長がやらない」

世の中に、5S活動、環境整備、あるいはそうじなどの活動に取り組んでいる会社は、決して少なくありません。

その中で、期待する効果を挙げている企業もあれば、期待するような効果を挙げられない企業もあります。

定着化、習慣化している企業もあれば、一過性で続かない企業もあります。

その違いはいったい何なのでしょうか?

その一つの理由は、「社長がやらない」ことです。

今日は、このことについて、ご説明します。

 

今日の目次

① そうじは社員の仕事でしょうか?いえいえ、社長をはじめとして全員の仕事です。

② 率先垂範?背中を見せる?社長、それは「やっている」ことにはなりません。

③ 一緒にやればこんなにいいことがたくさん!一緒にやらなきゃモッタイナイ!

 

① そうじは社員の仕事でしょうか?いえいえ、社長をはじめとして全員の仕事です。

ウチの会社は5S活動に力を入れている、という社長さん。

でも、社長室に入ってみると、デスクには書類の山。

足下にもたくさんの荷物。壁にはたくさんの貼紙。

書棚には書類やら書籍やらが、横になったり逆さになったりして棚から転げ落ちそうです。

そうじ(5S活動、環境整備)は、社員がやるものであって、社長がやるものではない、と考えている社長は多いです。

どうしてでしょうね?

そうじには様々な効果があります。

安全性の向上、生産性の向上、快適性の向上、そしてコミュニケーションの活発化、などなど。

だからこそ、社員さんたちにやらせたいのでしょう。

だったら、社長も多いにやるべきだと思います。

いや、経営者と社員のやるべき仕事は違う、という反論が聞こえてきそうです。

普段の業務においては、確かに経営者と社員の役割は違います。

でも、そうじには経営者と一般社員の役割の違いなんかありません。

そうじは誰にでもできる取り組みです。

経営者だから高度なそうじができるとか、ありませんよね(笑)。

そもそも、そうじって面倒くさいものです。

多くの人が、そうじなんていう面倒なことは、できればしたくないと考えています。

その面倒なことを、自分がやらずに社員に押し付けても、うまくいくはずがありません。

また、自分がやらずに、そうじの目的や意義、効果、目標などを社員に説いてみたところで、説得力はありません。

企業は、社長がすべてです。社員は、社長の行動を見ています。

 

② 率先垂範?背中を見せる?社長、それは「やっている」ことにはなりません。

「小早さん、僕はそうじしているんですよ。」という社長さん。

聞いてみると、毎朝、社長さんは一人でトイレそうじをされているのだとか。

「でも、誰も手伝おうとしないんですよ」と不満げなお顔です。

社長はどうして一人でトイレそうじをされているのですか?と問うと、「だって、トップたるもの、率先垂範が大事じゃないですか。ほら、よく『背中を見せろ』っていうでしょ」との答え。

私は、率先垂範という言葉が嫌いです。

なぜならそこには、「自分がやっている姿を社員に見せれば、社員はやるようになるだろう」という魂胆が見え見えだからです(笑)。

加えて、いったん社員がやるようになれば、もう自分の役目は終わったとばかりに、社長自身がそうじをしなくなる、という例も多いです。

はっきり言って、そういう雰囲気は、社員に伝わります。

だから社員が手伝おうとしないのです。

社長が一人でやるのでなく、社員にやらせるのでもなく、大切なことは、社長と社員が一緒になってやることです。

以前にお手伝いしていたある会社では、私の研修中、講義やミーティングの場には社長が同席するのですが、いざ、工場内の現場を巡回したり実習をしたりする際には、なぜか社長さんが姿を消すのです。

その社長さんも、「私は一人でトイレそうじをしている」とおっしゃってしましたが、果たして社員さんたちにはどう映っていたでしょうか。

社長が朝礼や会議で、5Sの目標や意義、効果、目標などを100回繰り返して説くよりも、一緒に実践する方が、ずっと効果があるはずです。

 

③ 一緒にやればこんなにいいことがたくさん!一緒にやらなきゃモッタイナイ!

先ほども言いましたが、そうじは誰にでもできる取り組みです。

役職や肩書、経験や知識は関係ありません。

だから、企業における仕事の中で、唯一、社長、部長、課長、係長、主任、一般社員、パート、アルバイトに至るまで、全員がフラットに活動できる取り組みなのです。

社長と社員が、そうじをして一緒に汗を流すことで、お互いの距離が縮まります。

ドロドロに汚れた機械を、社長と新入社員が一緒になって、全身泥だらけになりながらそうじをしたことで、普段はなかなか会話のない社長と新入社員の間に会話が生まれ、「社長がこんなに一生懸命やってくれている」という信頼関係が生まれた例があります。

「最近、社員が僕に世間話をしてくれるようになりました」と嬉しそうに笑う社長さん。

その会社では、デスクの整理・整頓に関しては、社長も社員もありません。

定期的なチェックの際には、社員が社長のデスクについて、「社長、もっと整理・整頓しましょう」と指摘する場面もあります。

社員が社長に対してモノを申せる機会は、多くないですよね。

でも、そうじではそれができるのです。

こんなところから、「言いたいことが言える」社風が作られていくのではないでしょうか。

 

今日のまとめ

そうじとは、単にキレイにする活動ではありません。

私たちの定義するそうじとは、【本質を明らかにし、究めること】。

モノにアプローチしながら、実はそこにまつわるコトの問題をあぶり出すアプローチなのです。

だから、社長が社員と一緒にそうじすれば、様々な隠れた問題が表面化し、それを解決する行動に取り組むことができます。

こんな「おいしい」取り組み、一緒にやらなきゃ損、損!

 

おまけ

さて、ここまでお読みいただき、「続きを聞きたい!」「その2以降も早く知りたい!」と思ったアナタ。

手っ取り早い方法がありますよ!

弊社のセミナーにご参加いただければ、出し惜しみせず(笑)、「その10」まで一気にお伝えします。

セミナースケジュールは、こちらをチェックしてください。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ