2018年07月16日

5Sに取り組んでいるのにあなたの会社が変わらない10の理由 その3「時間を確保しない」

世の中に、5S活動、環境整備、あるいはそうじなどの活動に取り組んでいる会社は、決して少なくありません。

その中で、期待する効果を挙げている企業もあれば、期待するような効果を挙げられない企業もあります。

定着化、習慣化している企業もあれば、一過性で続かない企業もあります。

その違いはいったい何なのでしょうか?

その理由の一つは、「時間を確保しない」ことです。

今回は、このことについて、ご説明します。

 

今日の目次

①そうじは仕事じゃないから時間外?

②忙しくて時間が取れない?本当ですか?

③時間の確保の仕方は「社風」そのもの!

 

①そうじは仕事じゃないから時間外?

そうじのための時間を、就業時間内にしっかりと確保しているでしょうか?

そもそも、そうじは仕事ではないのだから、就業時間内には特別な時間は設けていない、という企業もあります。

「そうじをするのは当たり前。だから、各人がそれぞれに時間を見つけて取り組むべき」と言う経営者もいます。

私は、そうじは企業にとって欠くべからざる大切な仕事だと考えます。

大切な仕事には、対価が伴います。

就業時間に組み込まないということは、社員に対して「そうじは大切な取り組みではない」というメッセージを発しているのと同じことです。

「私(社長)自身は早朝(時間外)にトイレそうじをしている。そうじとはそういうものではないか」という社長もいるでしょう。

ですが、経営者と社員は違います。社員に対して、そのような滅私奉公的な働きを期待するならば、今の時代、ブラック企業と呼ばれてしまいますよ(笑)。

そうじを就業時間内に組み込むことが、「わが社はそうじを大切な仕事だと考えています」と内外に宣言することになります。

 

② 忙しくて時間が取れない?本当ですか?

忙しくて、そうじの時間が取れない、という話をよく聞きます。

このご時世、忙しくない企業などないでしょう。

あるとすれば、よほど売り上げが伸びていない斜陽企業くらいでしょう(笑)。

忙しいのは、どこも同じです。

それでもみなさん、コーヒーを飲む時間くらいはあるでしょう。

スマホをいじることだってあるでしょう。

人によっては、タバコを吸うこともあるでしょう。

そういった時間を累計していけば、結構な時間になるはずです。

私はまず、一日10分間、そうじの時間を確保することをお勧めしています。

一日の就業時間を仮に8時間として、そのうちの10分間を割けないはずがありません。

わずか10分間を割けないとすれば、その原因はただ一つ、「やる気がない」ということです(笑)。

たかだか10分間では何もできない、と、はなから諦めてしまうかもしれません。

ある工務店では、毎日、現場から帰ってきた後の10分間を、そうじの活動に充てました。

これを一年間続けた結果、当初、資材や道具で溢れかえっていた社内は、見事に不要物がなくなり、使いやすい空間へと生まれ変わりました。

たかが10分、されど10分、「塵も積もれば山となる」です。

 

③ 時間の確保の仕方は「社風」そのもの!

具体的に、朝の始業時にそうじの時間を設定するか、昼に設定するか、夕方の終業時に設定するかは、業種や職種次第で変わってきます。

また、毎日のそうじに加えて、週に一回、あるいは月に数回、活動日を設けるケースもあります。

ある会社では、週に一回、全員で集まって活動を行うにあたって、定時間内ではお客様からの電話が入ったり、直行直帰があったりして人数が集まらないので、その日だけは始業時間より45分早く出てきて、早朝に活動を行えないか、という検討をしていました。

しかし、会議や研修などで場を設定してしまえば、集まれないことはないのです。

結局、定時間内では集まれないというのは、彼らの「思い込み」であり、そうじに対する意識の低さとも言えるでしょう。

「集まる」と覚悟をすれば、集まれるのです。

また、別のある会社では、毎月1日、すべての業務を止めて、全員でそうじに取り組んでいます。

もちろん、その日一日分の売り上げは落ちます。

それでも、そうじをすることによって機械や道具が整備され、働く人たちの心身もリフレッシュするなど、長期的な視点に立った時のメリットの方が大きいと判断して、そのような取り組みを行っています。

このように、時間の確保の仕方は、その会社の「社風」がそのまま反映されるものです。

逆に言えば、社風を変えるためには、思い切った時間設定が必要ということも言えるでしょう。

 

今日のまとめ

そうじとは、単にキレイにする活動ではありません。

私たちの定義するそうじとは、【本質を明らかにし、究めること】。

モノにアプローチしながら、実はそこにまつわるコトの問題をあぶり出し、改善していくアプローチなのです。

時間の設定の仕方には、その人のものの見方や考え方が現れます。

目先の売り上げにこだわる経営者は、まとまったそうじの時間を確保したがらないかもしれません。

面倒なそうじをしたくない社員は、設定された時間帯が不都合であることを口実に、そうじをサボるかもしれません。

そこには、シビアなせめぎ合いがあるはずです。

このプロセスこそが、会社を変革していく上で必要な過程なのです。

わが社にとって最適な時間設定はどのようなものか、を、社内で徹底的に話し合って答えを見つけていきましょう。

 

おまけ

さて、ここまでお読みいただき、「続きを聞きたい!」「その4以降も早く知りたい!」と思ったアナタ。

手っ取り早い方法がありますよ!

弊社のセミナーにご参加いただければ、出し惜しみせず(笑)、「その10」まで一気にお伝えします。

セミナースケジュールは、こちらをチェックしてください。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ