2018年07月18日

5Sに取り組んでいるのにあなたの会社が変わらない10の理由 その4「現場の取り組みだと思っている」

世の中に、5S活動、環境整備、あるいはそうじなどの活動に取り組んでいる会社は、決して少なくありません。

その中で、期待する効果を挙げている企業もあれば、期待するような効果を挙げられない企業もあります。

定着化、習慣化している企業もあれば、一過性で続かない企業もあります。

その違いはいったい何なのでしょうか?

その理由の一つは、「現場の取り組みだと思っている」ことです。

今回は、このことについて、ご説明します。

 

今日の目次

①現場だけじゃない、事務系にもメリットはいっぱい!

②全社の一体感が大切。

③部署間交流が活動の醍醐味。

 

①現場だけじゃない、事務系にもメリットはいっぱい!

5S活動というと、すぐに思い浮かぶのが、製造現場での取り組みです。

整然と並べられた工具類やピカピカに磨き上げられた機械設備などを見ると、「これぞ5S!」という感じがして、製造業の社長ならば、すぐに帰って取り組みたくなることでしょう。

実際、製造業で5Sに取り組むことで、たくさんのさまざまな効果を生むことができます。

事故や怪我の低減、不良やクレームの低減、生産性の向上、品質の向上、などなど、挙げれば切りがありません。

だからといって、活動を製造現場だけに限定して、間接部門である総務や経理、営業、研究開発などの部署がまったく取り組まない、というのは、実にもったいないことです。

というのも、これらの事務系部門が取り組みことで、現場同様に、大きな効果を生むことができるからです。

たとえば、書類です。

多くのデスクで、書類が山積みになっています。

この状態では、必要な書類を探し出すのに、時間がかかってしまいます。

書類を整理・整頓することで、必要な書類をすぐに取り出すことができます。

事務上のミスが減り、品質が向上します。

弊社の支援先には、税理士事務所や社労士事務所などもあり、そうじによって、大きな効果が生まれています。

 

② 全社の一体感が大切

製造現場のみが5Sに取り組むことの最大のデメリットは、「どうして俺たちだけがいつも面倒なことを押し付けられるのか?」という現場のやらされ感です。

ただでさえ、現場は生産性向上、品質向上、コストダウンなど、さまざまな課題を与えられ、息をつく暇もなく、立ち働いています。

彼らは常に、事務系部門に対して羨望と嫉妬の感情を抱いています。

事務系部門の方が優遇されている、事務系は楽な仕事をしている、・・・・・等々。

それが事実ではないとしても、製造現場と間接部門が対立構造にあるのは、古今東西を問わず、実際に起こっている現象です。

これを助長させるのではなく、むしろ融和させるのが、我々の提唱する“そうじ”なのです。

事務部門も、現場同様にそうじに取り組みます。

現場も事務所も、同じ尺度で評価します。

こうすることで、お互いに「彼らも一緒にやっている」という親近感が湧いてきます。

弊社支援先のある会社(製造業)では、半年に1回、そうじをテーマにした発表会が行われ、そこでは、現場系も事務系もまったく同一の基準で取り組み内容が評価され、表彰が行われます。

現場系が最優秀賞を獲得することもあれば、事務系が獲得することもあり、お互いに良いライバルの関係にあります。

よく「全社で同じ価値観を共有することが大切だ」と言われますが、それが“そうじ”によって、成し遂げられるのです。

 

③ 部署間交流が活動の醍醐味

私たちは、そうじの取り組みを、各部門ごとのものに留めず、部署間で協力して行うことをお勧めしています。

つまり、事務系部門の人も、時には現場に赴いて、作業着を着て、現場の人たちと一緒にそうじをする。

もちろん、逆もまたしかりです。

こうすることで、違う立場の視点が入り、新たな気づきや創意工夫のヒントが得られたり、普段はなかなか会話をする機会もない人間同士が会話を交わすことでコミュニケーションが活性化したりするのです。

弊社支援先のある会社では、関連の子会社も含めて、10以上の部署が互いに協力しながら活動を進めています。

事務系の社員がツナギを着て現場の整理・整頓の応援に参加することで、現場の人たちの事務系社員に対する信頼度は向上し、全社の一体感が醸し出されています。

同社の社長は、「そうじの活動のおかげで、この先10年、15年と、会社が存続していける自信がついた」と述べています。

 

今日のまとめ

私たちが、なぜ「5S」と言わずに「そうじ」と言うのか。

それは、5Sには上述したような問題があるからです。

私たちの定義するそうじとは、【本質を明らかにし、究めること】。

モノにアプローチしながら、実はそこにまつわるコトの問題をあぶり出し、改善していくアプローチなのです。

全社を挙げて“そうじ”に取り組むことで、現場系と事務系に認識や意識のギャップがあることが明らかになります。

そして、一緒にそうじに取り組むことで、そのギャップが埋まっていくのです。

「ベクトル合わせ」という言葉がありますが、まさに“そうじ”こそが、組織におけるベクトル合わせに最適な取り組みと言えるでしょう。

 

おまけ

さて、ここまでお読みいただき、「続きを聞きたい!」「その5以降も早く知りたい!」と思ったアナタ。

手っ取り早い方法がありますよ!

弊社のセミナーにご参加いただければ、出し惜しみせず(笑)、「その10」まで一気にお伝えします。

セミナースケジュールは、こちらをチェックしてください。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ