2018年07月24日

実はみんな、気づく問題意識を持っている!後藤設備工業「そうじの力」

本日は、香川県高松市に本社を置く後藤設備工業(株)の松山支店の「そうじの力」研修日。

松山支店に伺うのは、9か月ぶりです。

今回は、40分間ほどパワーポイントを使ったレクチャーを行った後、

事務所と倉庫を参加者全員で廻り、気になる点や気づいた点を発表してもらいました。

すると、

「モノが定位置と違うところにある」、

「キャビネの中の書類が山積みになっていて嫌だ」、

「机の足下に所有者不明のサンダルがある」、

「前から気になっていたが、書庫の図面がバラバラに置いてある。アイウエオ順などに並び替えてはどうか」

といった、いろいろな指摘や提言が出てくるのです。

さすがですね。

あえて私が言うまでもなく、みなさんに気づく力があるということです。

そして、こういう「場」があるからこそ、そういう発言ができる、ということもあるでしょう。

ということで、後半は、こうした指摘や提言を受けて、みなさんで実習を行いました。

倉庫は、現場に搬入されるべき設備機器類で溢れていました。

通常は、届いたらすぐに現場に搬入するのですが、事情があって、しばらく放置されているようなものもあります。

それらを仕分けして、すぐには出ないものは2階の別室に上げました。

これでモノの量が減り、ずいぶんとスッキリしたので、使い勝手が良くなりました。

パイプ類の置場も乱れていたので、新たに棚板を増設して、置きやすいように整えました。

さすが本職。丸ノコとインパクトドライバーの扱いもお手の物です。

また、ある社員の車両のそうじも行いました。

荷台に乗っている道具や資材をいったん全部降ろして、要らないものは処分します。

そしてその後は、内側と外側の洗車です。

洗車って、一人でやると面倒で辛いのですが、みんなでやると、楽しいんですよね。

ホイールキャップを外して、裏側についた黒ずみ(ブレーキ粉汚れ)をそうじした人たちは、

「これ、なかなか落ちんな~」とか、

「おっ、結構落ちてるな!」とか言いながら、

ワイワイと楽しそうにそうじしていました。

場がキレイになり、コミュニケーションも取れる。

いやあ、”そうじ”って、本当に素晴らしいものですね!(水野晴郎風)

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ