2018年08月08日

5Sに取り組んでいるのにあなたの会社が変わらない10の理由 その8「経営計画書に明記していない」

世の中、「5S」「環境整備」などに活動に取り組んでいる会社は、決して少なくありません。

しかしながら、そのすべてが「期待するような効果」を上げているわけではないようです。

「やってみたけれど、うまくいかなかった」

「一過性で終わってしまった」

「続けてはいるけれど、マンネリ化してしまっている」

「期待するような効果」を上げられない理由は、一体何なのでしょうか?

その理由を解き明かすのが、本シリーズコラム。

全10回にわたってお伝えしていきます。

★他の回はこちらよりどうぞ

 

 

 

【理由8】

経営計画書に明記していない。

 

 

▼目次

・経営計画書は、水戸黄門の印籠
・書き方・書き順が大事!
・経営計画書がない?じゃあ、作りましょう!
・まとめ

 

 


経営計画書は、水戸黄門の印籠

 

社長命令って、どうしたら実行に移されるのでしょうか?

社長がひと言、「”そうじ”をやりなさい」と言葉を発すれば、あとは粛々と実行されていくものでしょうか?

そんなこと、ありませんよね。

 

まして、ことは“そうじ”です。

「時間がもったいない」

「そうじをするくらいなら仕事をしたい」

とほとんどの社員は思うことでしょう。

 

そうじは優先順位が低いのです。

なぜでしょうか?

 

ほとんどの社員にとって、一番大切なのは、今目の前で動いている仕事だからです。

それによって売上が立ち利益が生まれ、自分の給料も確保されるわけですから、当然ですね。

 

でも会社には、今すぐ必要ではないけれど、将来のためにやらなければならないことがあります。

そのひとつが、“そうじ”です。

 

こうした喫緊の課題でない「緊急ではないけれど重要なこと」を社員に取り組んでもらうためには、“お墨付き”が必要です。

 

社員にしてみれば、社長命令で一生懸命にそうじをしているのに、気まぐれな部長に

「そうじばっかりして仕事をサボるな」

なんて言われたら、たまりませんからね(笑)。

 

経営計画書は、いざという時の印籠みたいなものなのです。

 

 


書き方・書き順が大事!

 

じゃあ、

「経営計画書に何でもいいから書けばいいのか」

というと、それもちょっと違います。

 

ありがちなのは、経営計画書の最初に、

「目標の売上高」

「利益」

がデカデカと記載され、その後のページにも、

「いろいろな必達のノルマ」

が何ページにもわたって延々と続き、最後のほうになって、小さく

「そうじをしましょう」。

 

これでは、社員はまずやらないでしょう(笑)。

 

なぜなら、その書き方、書く順序こそが、社長の考える優先順位だからです。

 

大きく前の方に書いてあることの優先順位が高く、小さく後ろの方に書いてあることは優先順位が低いというのは、誰でも分かります。

優先順位の低い仕事は、

「手が空けば」

「気が向けば」

やるということになるでしょう。

 

社長がそうじの優先度を高く考えているのであれば、前の方のページに、デカデカと、

「わが社の最優先課題のひとつとして、そうじに取り組む」

と明記すべきです。

 

 


経営計画書がない?じゃあ、作りましょう!

 

そうはいっても、ウチには経営計画書なんてないよ、という会社もあるでしょう。

ならばこの際、作りましょう!

 

要するに、会社を経営する上で、

 ・守りたいこと

 ・実現したいこと

 ・大切にしたいこと

 ・避けたいこと

などを書いていけばいいのです。

 

形式にこだわる必要はありません。

私自身も、弊社の経営計画書は、まずA4用紙1ページからはじめました。

 

上述したように、優先順位の高い事柄から書いていきます。

もし御社にとって“そうじ”が

「欠くべからざる大切な取り組み」

であるならば、自然と経営計画書の前の方に記載されることでしょう。

 

経営計画書は、いってみれば、羅針盤あるいは航海図です。

これがなければ、いったい我々の船はどこにどのように行くのか分かりません。

 

経営計画書は、社員にとってだけでなく、社長自身にとっても、頼れるナビゲーションになるはずです。

 

 


今日のまとめ

 

私たちの定義する”そうじ”とは、【本質を明らかにし、究めること】。

モノにアプローチしながら、実はそこにまつわるコトの問題をあぶり出し、改善していくアプローチなのです。

経営とは、どうあるべきか。

わが社はどこに向かっていこうとしているのか。

社員には、どんなことを大切にしてほしいと願うのか。

 

そんな本質的な問いかけに対する回答が、経営計画書には盛り込まれることでしょう。

つまり、経営計画書を作ることそのものが、ひとつの“そうじ”なのです

 

【まとめ8】

経営計画書の前の方に、しっかり明記しよう!

 

 

★5Sに取り組んでいるのにあなたの会社が変わらない10の理由 目次

その1 「社長がやらない」

その2 「組織を作らない」

その3 「時間を確保しない」

その4 「現場の取り組みだと思っている」

その5 「『モノ』へのアプローチにとどまっている」

その6 「リアクションがない」

その7 「目的を取り違えている」

その8 「経営計画書に明記していない」(←本記事)

その9 「楽しくやっていない」

その10 「社長が約束を守らない」

 

◆小早祥一郎の本、絶賛販売中!(→)そうじをするとなぜ会社がよくなるのか表紙

社風を変え、業績を上げるための環境整備のノウハウをギュッと詰めた、渾身の一冊。

こちらよりお買い求めいただけます。

 

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ