2018年08月21日

みんなでやれば、楽しい!(株)イシカワ「そうじの力」

香川県琴平町で、介護用品の販売・レンタル、および介護用住宅補修を請け負う(株)イシカワ。

ここで、半年前から「そうじの力」の取り組みが始まっています。

同社も御多分に漏れず、当初はモノが溢れていました。

事務所内、倉庫内に、ベッドや車いす、紙オムツなど、介護用品が溢れていました。

それを、「使えるか」「使えないか」ではなく、「使うか」「使わないか」で仕分けをします。

そして、使わないものは処分していきます。

最初はなかなかその仕分けが出来なかったのですが、だんだんと出来るようになってきました。

まずはとにかく、いったん全部出して、中身を確認します。

たとえば、紙オムツ。

「使える」ということで、今まで置いておいたのですが、実は、多くのものは商品としては滅多に出ないものだということ。

そこで、思い切って処分することにしました。

といっても、ただ単に捨てるのはもったいないですよね。

そこで、地域の社会福祉法人さんに、要るものならば引き取ってもらうことにしました。

 

 

 

 これがビフォア。

 

 

 

 

 

 

 そして、これがアフターです。

 

 

 

こうして、倉庫内も、ずいぶんとスッキリしてきました。

そして本日は、営業で使う車両を題材にして、実習を行いました。

営業車の中も、放っておくと乱れます。

大事なのは、まずいったん全部出す、ということです。

出してみると、「あれ、これは何だろう?」とか、「どうしてこれが載っているんだろう?」といったものが見えてきます。

不要なものは処分していきます。

基本的に、車の中には、その日に必要なものしか載せません。

この作業、実は一人でやると、体力的にも精神的にもキツイです。

でも、みんなでやると、結構楽しいのです。

載せているモノの要不要の判断は、本人にしかできません。

でも、掃除機をかけたりボディを洗ったりするのは、他の人でもできます。

今回、本人が仕分けをしている間に、他の社員が、運転席周りに掃除機をかけてくれました。

びっくりしたのは、椅子を上げてエンジンルームまで露わにして掃除機をかけていたこと。

バンの運転席の下には、エンジンルームがあるのです。

なかなか「やり手」ですね(笑)。

こうして、皆で一緒に車のそうじをすることで、面倒な作業が楽になるだけでなく、いろいろな話ができ、コミュニケーションが良くなっていくのです。

皆で一緒にそうじすると楽しい!

楽しさが、絆を強くする。

私たちが大切にしている価値観です。

 

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ