2018年09月10日

2:6:2の法則。6割の人の巻き込み方|生駒学税理士事務所実践企業見学会

9月6日(木)、香川県高松市の生駒学税理士事務所にて、『そうじをすると、なぜ会社が良くなるのか?現場見学会&セミナー』を開催しました。

 

はじめに、同社の生駒学社長と奥田リーダーから、同社の「そうじの力」活動についてのプレゼンテーション。

 

続いて、社内の見学です。

整理・整頓の行き届いた現場を見て、参加者からは

「なるほど!」

というため息が漏れます。

 

こちらは、社員さんによるトイレ掃除の実演。

参加者からの

「素手でやることに抵抗はありませんでしたか?」

という問いに、

「慣れればどうってことありませんよ。それに、毎日丁寧にそうじをしているので、汚れません」

と社員さんが答えていました。

 

その後は、私が一時間、講演をさせていただきました。

 

プログラムの最後は、参加者全員が車座になっての座談会です。

毎回座談会では、良い質問がたくさん出ます。

 

今回出たのは「社内に5Sをやらない人がいる。そういう抵抗勢力を、どうすればやるようにできるのか?」という質問。

それに対して、生駒学社長が答えた内容が、実に振るっています。

 

———————-

2:6:2の「パレートの法則」というのがあります。

前向きな人が二割、後ろ向きの人が二割、残りの六割は、どちらにも転ぶ。

二割の人はどうやってもやらない。

でも、八割の人がやれば、会社は変わる、

だから、六割の人をどう巻き込むかが大切です。

「そうじ」は、「形から入って心に至る」取り組み。

でも、人間、心なんてそうそう変わるものではありません。

だから、心が変わらなくてもいいのです。

形が変われば、組織は変わります。

———————–

 

以下、参加してくれた皆さんの感想の一部です。

M様(塾経営)
「すごく良かったです。実行したいと思います」

T様(介護施設)
「良いと思う所を真似してみる。そこからスタートしてみる。
床に物を置かない。会社で見かける光景です。
皆が行動しやすいところから実行していきたいです。
そして気づきの力を養っていきます。
ありがとうございました」

A様(飲食店経営)
「”そうじ”をすることの意味がはっきりと理解できました。
売上を上げるためにする勉強も大切ですが、それと同じかそれ以上に
“そうじ”が大切で重要なことだと思いました」

H様(写真スタジオ)
「そうじの大切さは頭では何となく分かっていたが、
今回セミナーを受けさせていただき、
業績や作業効率だけでなく、
一人一人の意識改革につながることを知り、
そうじは良いことばかりだな~と、
お話を伺っていると、楽しい気持ちになりました。
そうじは日常の作業の中でも基本ではありますが、
一番大切で、真剣に取り組まなければならないと感じました。
実際、行動に移されている生駒会計グループさんは、本当に素晴らしいです。
場の空気が清らかなのを感じました。
ありがとうございました」

 

生駒学税理士事務所の皆さん、そして参加していただいた皆様、ありがとうございました!

 

メール講座(↓)でも、「抵抗勢力への対応」についてお伝えしています。

「見学会やセミナー、行きたいけれど近くで開催していない…」

という方は、ぜひ登録なさってくださいね。

 


◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ