2018年09月27日

そうじの力は組織の問題解決力!|滝澤酒造

埼玉県深谷市の滝澤酒造(株)。

創業155年の老舗の酒蔵です。

ここで、この7月から「そうじの力」として環境整備の活動がスタートしました。

 

老舗だけあって、敷地内には創業以来の「モノ」がたくさん積み上げられています。

まずは不要なものを捨てること、つまり「整理」から取り組みます。

この3か月間で、

・廃盤になったパッケージや容器

・昔の酒造りで使っていた機材

など、大量のものを処分してきました。

 

本日は、事務所脇のスペースの整理を行いました。

まずはいったん全部出して、中身を吟味します。

今は使っていない熨斗(のし)や包装紙などが出てきて、これらも処分しました。

 

今回は、会長(社長の父上)もお出ましになり、社員さんたちと一緒に要不要の判断をしてくれました。

その結果、会社設立時の証書のようなものが出てきて、これは記念になるものだから大事に取っておこう、ということになりました。

こうして、他に代えがたいものを取っておくという判断も大切ですね。

 

さて、同社において私が感心するのが、チームワークです。

活動の当初から、皆さんが目的意識を持ち、自然な役割分担をして取り組んでいます。

リーダーの旗振りを中心にして、毎回のミーティングでも、活発な意見交換が行われています。

 

もうひとつ、素晴らしいと思うのは、

「整理を進めながら浮かび上がってきた業務上の課題」

について、

「一つひとつ丁寧に向き合い、改善に取り組んでいる」

ということです。

 

たとえば、

整理をきっかけに、

「必要な情報がうまく共有化できていない」

という課題が浮かび上がりました。

 

それを、

「朝礼を有効活用することで共有しよう」

ということに決まったのです。

 

また、

「出荷前のお酒を保管しておく冷蔵庫の内部が、どうしても並べ方が乱れがちになる問題」

についても、

「社員皆で状況を共有化する機会を増やすことで解決していこう」

と決まりました。

 

私たちの考える“そうじ”とは、

「本質を明らかにし、究めること」

 

場を整えたりキレイにしたりする「モノ」へのアプローチを通じて、

そこで明らかになった「コト」の問題を解決していくアプローチなのです。

 

同社の取り組みは、まさにそうしたものになっています。

 

活動はまだまだ始まったばかり。

今後が楽しみです。

 


◆御社の”5S活動”、「やらされ感」に溢れていませんか?
社長が意識すべき10のポ
イントを要チェック!(↓)

◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ