2018年10月20日

「モノ」の問題から「コト」の解決へ!(株)イシカワ「そうじの力」

香川県琴平町の(株)イシカワ。

介護用品の販売・レンタル、およびバリアフリー工事などを行う、社員7名の会社です。

同社で「そうじの力」の活動が始まって、半年ほど経ちます。

これまでに、倉庫内の整理や車両の整備などを行ってきました。

以前に比べれば、ずいぶんと環境は整ってきましたが、ここに来て、また新たな問題が表面化してきました。

書類の整理が進まない、というのです。

書類が溜まってしょうがない、と。

よくよく話を聞いてみると、それぞれの営業マンの抱えている案件が、皆で共有されておらず、業務の標準化が出来ていないことが問題である、ということが分かってきました。

そこで今回は、そうした情報の共有化を図るため、毎朝、営業チームでミーティングを行うこと。

さらに、一か月に一回は、全員で、経営状況や業界・行政情報を共有する定例ミーティングを行うことを決めました。

弊社の定義する『そうじ』とは、「本質を明らかにし、究める」こと。

モノを整えるアプローチを通じて、その奥にあるコトの問題をあぶり出し、その解決を図ることです。

今の(株)イシカワにおいては、まさにそのプロセスが進んでいると言えましょう。

今回決定したミーティングが機能し、さまざまなコトの問題が解決していくことを期待します。

さて、今回の実習においては、なかなか整理が進まないという書類について、あらためて整理の仕方についてアドバイスしながら行いました。

整理のイロハのイは、要らないものを捨てること。

ところが、何をもって「要る」「要らない」を判断するのか、個人によって違ってきます。

判断基準を明確化していくことが大切です。

そこを丁寧に、実地でケースごとにアドバイスしていきました。

今後、書類の整理が進んでいくことを期待します。

 

==================

◆(株)イシカワのホームページはこちら

◆「我が社の環境整備、なんだか今ひとつ…」とモヤモヤしている経営者様向けのメール講座始めました(↓)

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ