2018年11月12日

社長と社員のコミュニケーションが業務改善のカギ!野崎自動車「そうじの力」

香川県高松市の野崎自動車(株)。

車検整備場や鈑金工場など5拠点を運営しています。

6月からスタートした「そうじの力」。

各工場長を中心に、環境整備を進めています。

毎月1回、私が訪問して、各工場長を集めて研修会を行っています。

研修会では、各店での取り組みの報告を受け、それについてアドバイスしていきます。

そして、毎回、必ず実習を行います。

今回は、ある工場の棚が整理されたので、その状況を参加者全員で確認しました。

棚にあった不要なものを捨て、棚を新しくしたとのこと。

しっかり整理できたおかげで、ずいぶんとスッキリとして印象も良くなりました。

この棚には、パーツクリーナーやウィンドウォッシャー液などを収納してあるのですが、ここで、野崎敬三社長から質問が飛びます。

「これ、多いんとちゃうか?」

パーツクリーナーやウィンドウォッシャー液の在庫量が多いのではないか、というのです。

なるほど、確かに多そうです。

しかし、今までは整理・整頓が出来ていなかったため、どのくらいの在庫量なのかが分かりませんでした。

こうして整理・整頓ができてくると、現状が明らかになり、問題が見えてきます。

その場で社長から、この在庫がどのくらいでなくなるかを記録して、適正量を割り出しなさい。以後は過剰な仕入れをしないように、との指示がありました。

こうして、社長が現場に降りる機会が増えると、いろいろな業務改善のネタが生まれてきます。

これこそ、「そうじの力」の醍醐味だと思います。

今回は引き続き、工場にあったデスクの引き出しの整理の実習も行いました。

ここでも、社長が一緒になって整理してくれたので、「捨てる」ものの判断が早く、だいぶ整理が進みました。


野崎社長(左)とメンバーの皆さん

「そうじの力」の活動を通じて、経営者と現場のコミュニケーションが活性化していくのを見るのは、支援者冥利につきます。

 

===================

■車検のコバックの野崎自動車のホームページはこちら

■「うちの会社の環境整備、なんだか停滞しているなぁ…」とお悩みの経営者様向けメール講座はこちらから(↓)

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ