2018年11月23日

向上心の源は、妥協のない環境整備の取り組み!|ファイン

向上心って大切ですね。

同じ仕事をしていても、向上心ある人とない人では、生み出す結果や波及効果に雲泥の差が出てくることでしょう。

でも、どうしたら向上心が育つのでしょうか?

環境整備を通じて社員の向上心を引き出しいている事例があります。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

妥協のない環境整備の取り組みが「向上心」を育てる

 

本日は、福井県鯖江市の(有)ファインの「そうじの力」研修日。

メガネのフレームなどにデザインを装飾する印刷会社です。

私が同社の環境整備のお手伝いを始めたのが7年前。

それ以来、全員で整理・整頓・清掃に取り組んできました。

活動開始前、印刷のインクが床面や壁面、機械に飛び散っていたのが、今では嘘のようです。

整然と広々とした工場内。

床面は、文字通り舐められそうなくらい、ピカピカです。

同社では、毎日30分間のそうじをはじめ、週に1回の重点活動日を設け、愚直に環境整備に取り組んでいます。

今や、非の打ちどころのないほどのレベルに達している同社ですが、私はあえて妥協しません。

同社の研修においては、いつも、細かいことを指摘します。

今回は、印刷機械の隙間のホコリ。

実習で、皆さんに、この隙間のホコリをそうじしてもらいました。

一般の人が見たら、「えっ?こんなことまで?」と思うようなことです。

まるで小姑です。

嫌な奴ですね(笑)。

でも、あえてそうするには、意味があります。

どんなに整っていても、完璧ということはありません。

「どこかに抜け落ちはないだろうか?」「もっと改善できる点はないだろうか?」と追及していくことが、あくなき向上心を生みます。

実際、同社の社員さんたちは、環境整備を通じて、様々な業務改善に取り組んでおり、実際の成果も生まれてきています。

たとえば最近では、研修室の壁を、自分たちで貼り換えています。

正面の煉瓦模様が貼り換えた壁紙で、右側は今後貼り換えるところです。

以前のままでも十分キレイですし、特に使い勝手が悪いわけでもありません。

でも、「もっと良くするには?」と探究していくことで、こうした「より良い空間」が生まれてきます。

今後も、どんどん工夫改善されていくことでしょう。

 


◆12月8日(土)、同社にて実践企業見学会を開催します!詳細は左のチラシをクリック!終了しました。次回の開催予定はこちら

◆(有)ファインのホームページはこちら

 

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ