2019年01月24日

他部署の目が改善を進める|森田石材店

本日は、兵庫県丹波市に本拠を置き、石材加工販売業と葬祭業を営む(株)森田石材店の「そうじの力」研修日。

一年半、環境整備を進めてきて、工場内、展示場、事務所ともに、ずいぶんと整理・整頓・清掃が進んできました。

毎回の研修においては、持ち回りで拠点を回り、皆で現場を見ながら、進捗状況や新たな課題について確認しています。

今回は、久しぶりの本社・工場での開催。

工場内も、活動の当初に比べると、格段に整備されてきました。

たとえば、施工班が、使用する車輛や機械、道具がバッティングしないように調整するためのホワイトボード。

以前に使用していたものは古くて劣化し、見にくかったので、表示方法も工夫して、新しくしました。

確かにすごく見やすくなって、「いいね!」という感じなのですが、ムムッ、良く見てみると「あれ?○○が△△になっているよ」という指摘が・・・・・。

そうです、「惜しい!」部分がありました。

この指摘を受けて、現場の彼らがどう改善するかは彼ら次第ですが、皆で現場を見ることで、こうした発見があります。

また、石材を研磨するグラインダーのパットの整頓方法。

ここも、以前に比べたらずいぶんと整備されたのですが、こうして現場を見てみると、「こうした方がもっと分かりやすい」「この置き方のほうが取り出しやすい」と、いろいろな意見が出てきます。

実際に現場で働く人の目から見たときと、他部署の人間が見たときの視点は違います。

「岡目八目」と言いますが、他部署の人間の意見が、改善を進めるキッカケになることは、よくあることです。

こうして、部門横断的に現場を見て意見を出し合うことが、改善を進める原動力となり、コミュニケーションの活性化にもなるのです。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ