2019年02月12日

そうじは「バンドやろうぜ!」のノリで

先日、ある企業を訪問した時のこと。

以前にセミナーを受講してくれた社長さんの会社で、

そうじの活動に興味がある、というのでお邪魔しました。

行くと、ちょうど社員を集めたミーティングの最中。

社長が「そうじをするといろんなことに気づく」

「間違いなく品質が上がる」ということを説いておられました。

そのあと、ざっと社内を見学させていただきました。

現在、全社をあげて少しずつ社内をそうじしているとのこと。

食品工場だけあって、さすがに工場内はきれいにしています。

しかし、工場の裏手、社員駐車場の周辺は、草がボウボウ。

不要物とおぼしき物も多数放置されています。

私は社長に「これはマズイですよ」とお伝えしました。

「そうじは大事だ」と説いておきながら、

裏は汚い状態を放置しておくと、

社員に「見える部分だけそうじすればいいや」という

「裏・表」の意識を植え付けてしまいます。

事務所も書類や物が多くてゴチャゴチャ。

私は「まず社長ご自身が実践しないと・・・」と進言しました。

社長は苦笑い。「やはり率先垂範ですね」とおっしゃいました。

 

ちょっとストップ!

 

率先垂範というのとは、ちょっと違います。

あくまでも社長ご自身の課題としてやるべきことです。

「率先垂範」という言葉には、

「部下にやらせること」を目的として、まず自分が背中を見せる、

というニュアンスが含まれているように思います。

しかしそれだと、部下がやるようになったら自分はやらない、

ということになりはしないでしょうか。

そうじの活動とは、そのようなものではありません。

社長を含めた全員が、あくまでも「自分自身の活動」として、

仲間と一緒に取り組むものです。

 

言うなれば、「バンドやろうぜ!」。

それぞれがそれぞれの役割をもって、

素敵な音楽(皆が働きやすい環境)を作り上げていくのです。

バンドは、

「そろそろ次のギターが育ったから、引退して印税で食っていくか」

なんてならないですよね(笑)。

 

そうじは企業規模が大きくなったとしても、

社長と新入社員が同じ場所で”演奏”できるツールです。

 

ぜひ、楽しい”演奏(そうじ)”にしませんか?

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ