2019年03月21日

環境整備はモノを通じてコトにアプローチする活動|谷口工務店

環境整備は、物を整える活動だととらえられがちです。

でも本当は、モノへのアプローチを通じてコトにアプローチする活動なのです。

特に、「思い出」のモノに触れることで、それにまつわる感情が揺り動かされる、という面があります。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

環境整備はモノを通じてコトにアプローチする取り組み

 

本日は、福井県美浜町の(株)谷口工務店の「そうじの力」コンサルティング日。

3か月に1回私が訪問し、谷口直利社長をはじめ社員全員を集めて、環境整備の研修会(セミナー)を行っています。

 

全社を挙げての活動を始めてから、一年3か月が経ちました。

この一年は、ひたすらモノを捨てた時期でした。

環境整備の具体的活動は、整理と整頓、そして清掃です。

その中でも一番重要かつ難しいのが、最初の整理です。

整理とは、使わないもの、無駄なものを捨てること。

誰しも「もったいない」という意識があるので、捨てるのは難しいです。

また、同社のように歴史のある会社だと、古い時代のものが残っていて、いまや誰もその時代のことが分からず、捨てて良いのかどうか判断がつきかねる、ということも、ことを難しくさせています。

 

一年3か月の活動のおかげで、ずいぶんとモノが減り、すっきりとした空間が生まれつつあります。

ですが、私の目から見ると、まだまだ不要なもの、余計なものがあるように思えます。

そこで今回、あらためて皆さんで、事務所内、書庫、倉庫、加工場を見て回りました。

すると、たとえば書庫には、「工事台帳」と表書きされた段ボール箱が積んであります。

しかし、その中身を開けて確認してみると、「昭和59年」と書かれた帳面が出てきました。

「いくらなんでも、これは要らないだろう」ということで、廃棄することにしました。

 

こんなふうに、一度整理したところでも、その中身を細かく見ていくと、それが本当に必要なのか不要なのかが見えてきます。

また、この活動の良いところは、そうして「モノ」についてのやり取りをしながら、その「モノ」にまつわる歴史やイベント、想いといった「コト」に考えが及び、理解が深まる、ということです。

実際、同社においても、この一年3か月の”そうじ”の活動により、社員さんたちの意識は以前に比べるとずっと前向きになり、お互いに協力し合う空気が出来てきたように感じます。

 

よく「コミュニケーションが大切だ」と言われますが、では、そのコミュニケーションという横文字の意味するところは何か、と問われると、良く分からなかったりします。

私は、コミュニケーションとは「相互理解」と定義づけています。

その相互理解のためには、こうして「モノ」を媒介とする”そうじ”(=環境整備)が一番有効だと思います。

 


◆谷口工務店のそのほかの記事はこちら

◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

 

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ