2019年03月22日

PDCAトレーニングに効果的な方法は”そうじの力”|内原製作所

PDCAつまり、Plan(計画)→Do(実行)→Check(振り返り)→Act(さらなる改善)を回すことが大切だと言われます。

でも、特に中小企業においては、なかなかこのPDCAを回す訓練をする機会がないのが実情です。

そんな中でも、”そうじ”に取り組むことで、PDCAサイクルの訓練をすることができます。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

PDCAサイクルのトレーニングに効果的な「そうじの力」とは?

 

本日は、埼玉県八潮市の金属プレス業、(株)内原製作所の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問し、役職者(部長、課長、係長、班長ら)を集めて、”そうじ”(=環境整備(整理、整頓、清掃))についての研修会を行っています。

長年の活動で、工場内はかなり整っている同社ですが、まだまだ課題はたくさんあります。

たとえば、在庫。

いわゆる「カンバン」がつけられて、一見、適正に管理されているように見える在庫も、よくよく中身を確認してみると、すでに廃盤になった商品の部品だった、なんてことがあります。

あるいは、生産時に使う工具や治具。

これも、一度全部出して中身を確認してみると、長らく使っていないようなものが出てきたりします。

こうした一つひとつの課題について、毎回の研修においては、担当者と納期を決めて、改善に取り組むように促しています。

こうすることで、皆さん、着実に課題を解決していってくれています。

当たり前のようなことですが、この当たり前のことが、中小零細の企業では、なかなかできない事が多いものなのです。

ですから、この”そうじ”(=整理、整頓、清掃)の活動は、

場をキレイに整える行為を通じて、

業務において必要な

P(計画)→D(実行)→C(振り返り)A(さらなる改善)

を学ぶ、絶好の機会なのです。

さて、毎回の研修においては、こうした確認だけでなく、実習を行っています。

今回は、プレス機の油汚れを、参加者全員で拭き取りました。

プレス機には、潤滑油や防錆油など、様々な油分が入っています。

油断すると、すぐに油まみれになってしまいます。

機械を清潔に保つことは、安全性や生産性、品質の向上に必須であると同時に、作業者の気持ちを整える意味からも、とても大切なことなのです。


◆御社の”5S”、形だけの活動になっていませんか?
社長が意識すべき10のポ
イントを要チェック!(↓)

◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

 

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ