2019年04月14日

定着率の向上は”そうじ”(環境整備=5S)で出来る!

「せっかく採用したのに、人が辞めてしまう…」

早期離職者が出ることは、中小企業にとっては大きな痛手です。

3人に1人は、入社3年以内に離職すると言われる昨今。

社員の定着率を高めるために、どんな手が打てるのでしょうか?

 

▼目次

1.定着率の向上に有効な施策とは?
 (1)福利厚生や給与が定着率を高める?
 (2)人手不足を言い訳にしていないか?

2.なぜ環境整備がよいのか?
 (1)環境整備は誰でもできる
 (2)環境整備は「働きやすい環境」を生む
 (3)環境整備は「やりがい」を生む

3.成功事例
 (1)「3K」職場を克服し、定着率の向上に成功!
 (2)働きやすい職場環境と定着率の向上に成功!

4.まとめ

 

1.定着率の向上に有効な施策とは?

(1)福利厚生や給与が定着率を高める?

定着率の低さに苦しむ社長さんが必ず悩むのが、社員の待遇を良くすべきかどうか、ということです。

給料をもっと高くすべきだろうか?

ボーナスをもっと出すべきだろうか?

休暇制度や報奨制度、遊園地やリゾート施設の割引、スポーツクラブの特典など、福利厚生を充実させるべきだろうか?

確かに、待遇は悪いよりは良い方がいいでしょう。

ただ、そもそも中小企業には資源が多くありませんから、待遇を上げるといっても限界があります。

また、必ずしも、待遇が良い会社が定着率が良く、待遇の良くない会社の定着率が悪い、ということでもないようです。

定着率を左右するのは、待遇だけではないようです。

 

(2)人手不足を言い訳にしていないか?

今の日本は、どこを向いても人手不足です。

私も多くの企業経営者とお話をする機会がありますが、ほとんどの社長さんが人手不足を嘆いておられます。

だから、傾向的に人手不足であることは間違いありません。

かといって、日本のすべての企業が人手が足りないか、というと、そうでもないのです。

中には、「ウチはじゅうぶん人手は足りている」とか、

「募集をすれば、定員以上の応募がある」と、

胸を張る社長さんもいらっしゃいます。

同じ業界、同じ企業規模でも、会社が違えば、人手の充足感は違うのです。

だから、「人手不足だから」という決め台詞で会社の苦境を正当化するのは、実は言い訳に過ぎない、ということになります。

 

2.なぜ環境整備がよいのか?

(1)環境整備は誰でもできる

では、資源の少ない中小企業において、給与や福利厚生といった待遇を上げずとも、定着率を向上させることはできるのでしょうか?

そのひとつの施策が、環境整備(そうじ=5S)です。

社長を筆頭に、パートやアルバイトも含めて、全員で、整理・整頓・清掃に取り組むのです

環境整備の良いところは、誰でもできる、ということです。

整理・整頓・清掃をするのに、高い学歴も、公的資格も、専門技術も、長年にわたる経験も、必要ありません。

いってみれば、今日入った新人でも、取り組むことができるのです。

会社を変革する取り組みに、今日入ったばかりの新人さんや、社歴の浅い若手社員さんたちが参画できるのです。

また、取り組むのにお金がかからない、というのも、環境整備の良いところ。

新たな商品開発や販路開拓には、相当のお金が必要ですね。

でも環境整備は、「つくる」ことではなく「今あるものを見直す」こと。

つまり、初めからお金がかかる取り組みではありません。

ならば、どんな小規模・零細の企業でも取り組むことができます。

 

(2)環境整備は「働きやすい環境」を生む

ではなぜ、環境整備(そうじ=5S)に取り組むと、定着率が向上するのでしょうか?

まず一つは、職場環境が良くなる、ということです。

汚い職場、乱れた職場で働きたい、という人がいるでしょうか?

できれば、キレイで整っている職場で働きたいと、多くの人が願うのではないでしょうか。

整理・整頓・清掃を推進することで、間違いなく職場はキレイで整ってきます。

建築現場や製造現場などでは、危険物が取り除かれ、安全性が高まります

事故やケガの心配なく、安心して働くことができます。

どこに何があるのかがひと目で分かり、探し物が少なくなります。

「何をどうしたら良いのか分からない」

「誰に聞いたらいいのか分からない」

といったことが少なくなり、ストレスが減ります

清潔なデスク、フロア、トイレ、車両ならば、

すがすがしい気持ちで仕事に向かうことができます。

 

(3)環境整備は「やりがい」を生む

それだけではありません。

誰かが整理・整頓・清掃に取り組んだ結果、その職場が働きやすい環境に変わります。

すると、周囲の人たちは、その人に感謝するようになります。 

「場を整えてくれて、ありがとう」と。

すると、その人も嬉しいですね。

自分の働きが周りの人たちの役に立つこと。

それを喜びと感じること。

これを「やりがい」と言います。

業務そのものでは、若手や新人さんたちは、なかなかやりがいを感じることが難しい面もあります。

業務において貢献しようとすれば、それなりの知識・技術・経験が必要になりますから。

でも、環境整備(そうじ=5S)ならば、今日入った新人でもできます。

つまり、若手や新人でも、会社に貢献できるのです。

こうしたことが、若手や新人の「やりがい」を生み、定着率の向上につながるのです。

 

3.成功事例

(1)「3K」職場を克服し、定着率の向上に成功!

岐阜県の(株)マツバラは、鋳造メーカーです。

鋳造というのは、鉄の原材料をキュポラと呼ばれる炉で溶かし、真っ赤な鉄のお湯にして、それを鋳型に流し込んで鉄製品を作ることを言います。

鋳型というのは、砂を固めて作られます。

だから、鋳造工場においては、製造過程で大量の粉塵が発生します。

工場中が粉塵だらけなのです。

そう、鋳造業は典型的な「3K職場」です。

(株)マツバラにおいても、当初は人材の定着が悪く、悩みの種でした。

せっかく育てた若手社員や、将来を嘱望していた中堅社員が、辞めていく。

経営者にとっては辛いことですね。

それが、環境整備(そうじ=5S)に取り組むようになってから、定着率が劇的に向上したのです。

まず、大量に降り積もっていた粉塵が、大きく減少しました。

粉塵まみれの汚い工場よりも、粉塵の少ないキレイな工場の方が、働きやすいのは当たり前ですね。

また、安全性が高まり、事故やケガも減少しました。

加えて、同社の環境整備の推進組織「おそうじパワーアップ活動」委員会の委員長や副委員長、委員メンバーは、あえて若手や職歴の浅い人を選びました。

すると、彼らが頑張ってそうじに取り組むことで、職場環境が良くなりました。

すると周りのベテラン社員たちも、「若手が頑張ってくれて職場が良くなっているから、我々もやろうよ」となるのです。

つまり、「若手や社歴の浅い人が、そうじを通じてリーダーシップを発揮する機会を与えられた」ということなのです。

こうして、「やりがいを感じられる機会が多くなったことが、定着率の向上につながったのではないか」と松原社長は仰っています。

※詳細は下記リンクよりご覧いただけます。

 

(2)働きやすい職場環境と定着率の向上に成功した事例

東京の(株)小河原建設は、注文住宅部門とゼネコン部門を持つ、建築会社です。

「東京一キレイな現場」を目指して、環境整備(そうじ=5S)に取り組んでいます。

今でこそ、住宅産業塾の主催する『魅せる現場コンテスト』で最優秀賞を獲得するくらい、環境整備の先進企業になっていますが、環境整備に取り組む前は、問題も多かったようです。

現場での事故やケガ、納期遅れなどが多く、せっかく育てた社員も辞めていき、人材が定着しなかった、とのこと。

しかし、環境整備(そうじ=5S)に取り組むようになって、事故やケガ、納期遅れなどはなくなりました

また、人材も定着するようになり、今では毎年、新卒社員を採用しています

さらに同社の特徴として、女性を現場監督に任用しているのです。

同社では、学歴、年齢、性別に関わらず、各人に適した仕事を与えるのが方針。

業界ではまだ珍しい女性監督をどんどん育てています。

とはいえ、もし建築現場が危なく汚い状態であったならば、やはり女性は嫌がるでしょう。

長年の環境整備によって、キレイな現場が実現しているからこそ、女性でも抵抗なく現場監督が務まる、という部分は大いにあると思います。

※詳細は下記リンクよりご覧いただけます。

 

4.まとめ

もし定着率の向上が、給与やボーナス、福利厚生など、待遇面での向上でしかなしえないとしたら、中小企業にとっては前途は絶望的になってしまいます。

しかし、上記でご紹介したように、環境整備(そうじ=5S)に取り組むことで、定着率の向上は実現することができるのです。

ならば、取り組まない手はありません。

百聞は一見にしかず。

そうした事例を実感できる、弊社のセミナーや実践企業見学会(ベンチマーキング)に、ぜひご参加ください。


◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ