2019年04月15日

輪番リーダー制が、各人の積極性を引き出す!石見交通(株)

本日は、島根県西部で路線バスを運行する石見交通(株)の「そうじの力」研修会。

3か月に1回、私が訪問して、各部門および各グループ会社から選ばれた若手メンバーが集まって、環境整備(5S)についての研修会を行っています。

 

今回、本社に入ってみて、まず最初に目に飛び込んできたのが、これ。

社員の顔写真入り紹介ボードです。

これ、前回の研修時に私が別の会社でやっていることを紹介したら、すぐに取り入れてくれたものです。

なんと、全部署、全グループ会社で作ったとのこと。

明るい雰囲気で、事務所に来るのが楽しくなりますね。

こうして、良いことはすぐに取り入れるのが、同社の特長です。

 

毎回の研修時には、まず私の方からレクチャーを行います。

 

 

 レクチャーする小早

 

 

 

整理・整頓の具体的手法のアドバイスや、他社好事例の紹介などです。

続いて、各グループから、この3か月間の活動報告をしてもらいます。

今回、皆さんの活動報告を聞いていて感じたのは、各グループともに、毎月、実行責任者を輪番で決めて、その人を中心にして活動を進めていっている、ということ。

リーダーが毎回同じだと、ネタが尽きてきますし、どうしても、リーダー以外は受け身になりがちです。

それを輪番制にすることで、リーダーになった人が自覚を持ち、問題意識を持って、何をどのように改善していこうか、と考え、工夫していくことにつながります。

全部署、全グループとも、そのような好循環が回っている感じがしました。

 

活動報告が終わると、参加者全員で、現場を見て回ります。

特に、今回、改善が進んだ部分を中心に見ていきます。

経理や総務などの事務部門は、書類のキャビネの中のファイルの整理・整頓がずいぶん進んできました。

以前に比べると、格段に分かりやすくなっています。

一方で、各人の抱えている書類は、溜まりがちになっています。

私の方からは、週に一回、5分間、皆で一斉に溜まった書類を整理する時間を設けたらどうか、とアドバイスしました。

 

 

 事務用品の整頓について解説する小早

 

 

 

 

整備工場も、各所がずいぶんと整ってきています。

一方で、こちらもやはり、個人の工具ボックスの中身については、どうしても乱れがちです。

私の方から、事務所同様に、工場においても、月に1回、全員で工具ボックスの中身を空けて、皆で一緒に整理・整頓を行うことを提案しました。

 

同社の「そうじの力」の取り組みは、各所が整い、見栄えが良くなっていることはもちろんのこと、活動をつうじて、リーダーシップが育ち、コミュニケーションが促進されていることで、社内全体が活性化されていることを感じます。

小河英樹社長は、「そうじの力のメンバーが、間違いなく、将来、会社を背負っていく人材になる」とコメントしています。

 

小早祥一郎

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社

(株)そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサー

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ